放送バックナンバー

テーマ

糖質制限の常識が変わる!ロカボとは?

ゲスト

太川陽介


専門家:北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長 山田悟 様

料理人:ファロ資生堂 シェフ 中尾崇宏 様

【北里大学北里研究所病院 】
住所:東京都港区白金5-9-1
電話番号:03−3444-6161 (代表)
外来診療受付時間:初診 平日 8:20~11:30、12:50~16:30 土曜日 8:20~11:30
         再診 平日 7:45~11:30、12:50~16:30 土曜日 7:45~11:30
休診日:日曜日、祝日、第4土曜日、年末年始(12月29日、~1月3日)
アクセス:東京メトロ日比谷線「広尾駅」1・2番出口より約10分
     東京メトロ南北線・三田線「白金高輪駅」3番出口より約13分

【レストランつくし 】
場所:北里大学北里研究所病院内2階
電話番号:03-5791-6305
営業時間:平日 8:30~18:00(LO17:30) 土曜日 8:30~15:00(LO14:00)
定休日:日。祝日、第4土曜日、病院休館日
紹介したメニュー:糖質制限メニュー 1,050円(税込) ※平日ランチタイム限定11:00~

【ファロ資生堂 】
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル10階
電話番号:03-3572-3911
営業時間:ランチ 11:30~15:30(LO14:30) ディナー 17:30~23:00(LO21:30)
定休日:日曜日(月曜祝日の場合営業)、祝日不定休
アクセス:東京メトロ銀座線・日比谷線・丸の内線「銀座駅」より徒歩約7分
     JR山手線・京浜東北線・東京メトロ銀座線・都営浅草線「新橋駅」より徒歩約5分
紹介した料理/コース:
糖質に配慮した配慮したコース “Menu Speciale Luce” 10,000円(税込)
                        ※3月11日~4月15日まで

放送内容

ロカボとは…
・おいしく楽しく適正糖質をとること
 適正な糖質摂取を心がけることで血糖値の上昇を抑えることができ、
 ダイエット効果も得られるといわれている。


ロカボが提唱する糖質摂取量
 1食20~40g 間食(デザート)10g以下 1日摂取量を70~130gに抑えるだけ!
 これ以外のカロリー・脂質・たんぱく質に制限はなし!!


ロカボのポイント
・糖質は緩やかに制限する
・たんぱく質・脂質は制限しない
・朝食は抜かずにしっかり食べる
・食物繊維はしっかりとる
・糖質を最後に食べる、“カーボラスト”!


ファロ資生堂 中尾シェフ考案 簡単ロカボレシピ

◆鶏肉と豆腐のクリームシチュー<糖質 3g(1人前)>

材料(2人分)

鶏手羽元…………………4本
ベーコン…………………60g
舞茸………………………2/3パック
マッシュルーム…………3個
筍(小)…………………2個
絹ごし豆腐………………1/2丁
菜の花(ゆで)…………適宜
コンソメスープの素……4g
お湯………………………1カップ
無塩バター………………大さじ4
塩…………………………少々
こしょう…………………少々


<作り方>
1) ベーコンは食べやすい大きさに切り、鶏手羽元に軽く塩(分量外)をふっておく。
2) 中火で熱したフライパンにバターを入れ、溶けてきたらベーコン、鶏手羽元を入れ
 表面を固めるくらい焼く。
3) 沸騰したお湯にコンソメスープの素を入れる。
4) ベーコン、鶏手羽元に焼き色がついたら鍋に加え落としぶたをして弱火で煮る。
5) 筍、マッシュルームは大きめに切り、舞茸は手で食べやすい大きさにさき、先ほど
 使用したフライパンに入れ塩(分量外)を加え焦げ目がつくくらいに炒め、鍋に材料を入れ
 落としぶたをして20分ほど煮込む。
6) 絹ごし豆腐をなめらかになるまでミキサーにかける。
7) 鍋の水分が半分くらいになったらミキサーにかけた豆腐を加えひと煮立ちさせ、無塩バターを
 加え混ぜ合わせる。
8) とろみがついたら塩、こしょうで味を調えお皿に盛り、菜の花(ゆで)をのせて完成。

Point!
・糖質の高いじゃがいもや玉ねぎの替わりに低糖質の食材を使用することで糖質カット!

・小麦粉のかわりに豆腐を使用することで糖質をカット!



◆おからを使ったカツレツ<糖質 2g(1人前)>

材料(2人分)

牛もも肉(ランプ肉)……200g
おから………………………100g
パルメザンチーズ…………50g
卵……………………………1個
きな粉………………………20g
<ソース>
太白胡麻油…………………小さじ2
マスタード…………………小さじ2
粒マスタード………………小さじ2

油……………………………適量
塩……………………………少々
こしょう……………………少々
サラダ………………………お好みで


<作り方>
1) おからとパルメザンチーズをボウルに入れ混ぜ合わせ、ザルでこしバットに広げておく。
 きな粉、といた卵もバットに準備しておく。
2) 包丁の背で牛もも肉をたたき筋を切り形をととのえ塩、こしょうをまぶす。
3) 牛もも肉をきな粉、卵液、ザルでこしたおからの順でまぶしていく。
4) ソース用の粒マスタード、マスタード、太白胡麻油を混ぜ合わせておく。
5) フライパンに太白胡麻油(分量外)をひき、衣をつけた牛もも肉を入れ中火~強火で
 片面3分ほど焼いていく。両面とも焼き色がついたらフライパンから取り出し、お皿に
 盛り付け、サラダ、ソースを添えたら完成。

Point!
・パン粉や小麦粉のかわりにおから、きなこを使うことで糖質カット!



◆胡桃のドレッシング

材料(作りやすい分量)

胡桃……………………40g
太白胡麻油……………大さじ4
白ワインビネガー……12cc
塩………………………4g
こしょう………………少々


<作り方>
1) 胡桃は細かく砕き、太白胡麻油、白ワインビネガー、塩をミキサーの中に入れ
 なめらかになるまで攪拌する。
2) なめらかになったらこしょうを加え混ぜ、味を調えたら完成。

Point!
・糖質の少ない胡桃を使用することで糖質カット!サラダはもちろん肉や魚との相性も
 バッチリ!


ネットもテレ東