【ヤクルト】奥川恭伸 デビュー戦で最速タイ154キロ!1回無安打2奪三振の圧巻ピッチング

野球

2020.6.21



<イースタン開幕戦 ヤクルト 4-2 西武 @戸田球場>
ヤクルトのドラフト1位ルーキー・奥川恭伸投手(19)が20日、イースタンリーグ開幕戦でデビューを飾った。

佐々木朗希 160キロ!藤岡裕大がお手上げ「打てませんよ」

注目の初球は自己最速に並ぶ154キロを投じる。150キロを超える真っ直ぐ中心のピッチング。先頭バッターをショートフライに打ち取る。続く綱島龍生内野手(19)に対しては直球で見逃し三振。

続くバッターに対しても高めのつり球で2者連続三振。1回無安打無失点2奪三振の圧巻のピッチング。注目のデビュー戦で堂々たるピッチングを見せた。

vlcsnap-2020-06-21-07h47m41s618.jpg

奥川恭伸
「打たれる打たれないは別として、自分のボールを投げようと思いました。(1軍に)上がった時がきたら、その時は思い切って投げたい」