セルジオ越後、久保建英の移籍に喝!「結果を残せなかったのでスペインでもう1回力を磨け!」

サッカー

2020.7.27



来シーズンの移籍先が注目されてるレアル・マドリード所属のサッカー日本代表MF久保建英。

サッカー解説者のセルジオ越後が久保の移籍について言及した。

セルジオ越後コメント

来シーズンに関してはまだどうなるかは分からないですが、レアルがどういうプログラム、キャスティングをするかというところに掛かっていると思います。

優勝したチームと降格したチームには差があります。

彼(久保)と似た19歳の選手がレアルのトップチームに出て優勝に貢献しています。(久保は今季)4得点4アシスト、これはビッグクラブへ行くための数字ではないですよね。

逆に岡崎のチームが上がってきて12点取ってチームの得点王になりました。同じ日本人同士で片方(岡崎)は下のリーグであれチームをあげるために貢献しました。

でも、そこで(久保は)結果を残せなかった。チャンスだったと思うんですが、所属しているチームの降格を救うというアピールができなかった。

マジョルカの中でもまだ仕切っていないですよね。エースという立場ではないです。

何回もPKがありましたが、彼が蹴るようになったらゴールの数字が上がるんですよね。ボールの横にずっといるけれど彼が蹴るとは言い切れないですよね。

その辺りがまだまだ。たくましさの中でアウェーの世界で戦うには順番待ちではいけないと思います。

本田圭佑ではないですが、もっと俺が蹴ると言うくらいにしてほしいです。そういうところもいい人だなというイメージではいけないと思います。

20200727-00010006-tvtokyos-000-1-view.jpg

ビッグクラブに残ればチャンスが生まれてきます。途中出場などもありますよね。ただ、なかなか出番が無いです。

今までの(海外の)日本人の選手は攻撃的な選手は一人も成功していないんですよね。

韓国にはパク・チソンというマンチェスターユナイテッドで活躍した選手がいます。今はソン・フンミンがトッテナムで活躍しています。

そのクラスの選手が残念ながら日本にはいないです。日本代表で、ヨーロッパのビッグクラブに大勢行ってますが、そういう結果を残した選手はいません。

ビッグクラブは勝たなければいけないという使命感の中で、選手を育てるのは下のレベルのチームでやって良かったら獲る。

リーガエスパニョーラの中で今年ずっと(久保を)見ていました。日本ではドリブルが何番とかで話題になりますが、ドリブルだけしてもチームが降格したら全く意味がないです。

野球みたいにチームが最下位でも、ぼんぼんホームランを打ってタイトルを取ればいいという世界ではないです。

そこが1年目としてはやっと良くなってきて終わります。体もたくましくなってきましたが、まだまだ吹っ飛ばされますよね。

【動画】セルジオ越後「裏切り者と呼ばれるのは少し違う」久保建英 レアルへの禁断の移籍に言及

メッシみたいに最後の結果まで持っていけない段階なので、そういうチャンスを与えるチームでもう1年やった方がいいと思います。

ビッグクラブへ行って出られなかったら寂れますからね。

r.jpg

どこに合う合わないじゃなくて彼はスペイン語ができるので整っていると思います。違う国に行ったら言葉関係などで日本人は結構苦労しているので、これは大きなハンディキャップですよね。

サッカーに限らずプロゴルファーにしても、言葉のところでストレスとかコミュニケーションなど色々難しいですが、彼は他の日本人選手とは違って通訳無しで行ってますからね。

スペインはレベルの高いリーグなので、もう1回自分の力を磨いてもいいのではないかと思います。

(見方は)スペイン人よりも厳しいです。外国人の枠を使っている選手としたら今年は良くなかった。

宿題として来年はもっとレベルアップするというくらいの気持ちでいてほしいです。

行く先のチームがとか(言っていると)、甘やかしてダメになってしまうかもしれないですよね。

もっと上に行くのに今年は成功したとは思えないです。

頑張ってほしいですね。