巨人沢村がロッテに衝撃トレード!年俸差約1億5千万の裏にある原監督の意図とは?中畑清が言及【キヨシの超本音解説】

野球

2020.9.7



巨人・沢村拓一投手(32)のトレードが7日に発表された。相手はロッテの香月一也内野手(24)。沢村投手は2010年ドラフト1位で巨人入団。早稲田大の斎藤佑樹投手フィーバーに沸くドラフトで巨人は沢村投手を単独1位指名し相思相愛の関係だった。

中畑清と落合博満 世紀のトレード事件の真相

入団1年目にはルーキーながら先発ローテの一角を担い、200回を投げ11勝をマークし新人王獲得。2015年にリリーフ転向すると翌年には37セーブをあげセーブ王のタイトルを獲得。侍ジャパンの一員としてWBCやプレミア12でも活躍。

香月一也選手は大阪桐蔭高校から2014年ドラフト5位でロッテ入団。今季はまだ1軍出場なし。年俸1億5400万の沢村投手と650万の香月選手の衝撃格差トレードの意図を自らもロッテ落合選手とのトレードが成立間近だったという中畑清が語る。

vlcsnap-2020-09-07-21h30m30s525.jpg