川﨑宗則 独立リーグ栃木へ、入団会見はムネリン節全開

野球

2020.9.8



「熟女ではなく熟男っていうプレーを見せたいなと思います」

独特な言いまわしで決意を語ったのは、ソフトバンクなどで活躍した川﨑宗則(39)。
独立リーグ・栃木ゴールデンブレーブスへの入団会見を行った。

キャップ.jpg

去年・台湾でコーチ兼選手としてプレーしていたが、今年は契約を更新せず無所属。そんな中で先月、栃木の練習に参加していた。

【動画】川﨑宗則、BC栃木の練習に参加「野球が好きでここにいる」

会見には同僚となる西岡剛(36)も同席。

入団に関しては、西岡の存在もあったそうで「この前練習した後も(西岡)剛に良い温泉連れて行ってもらって、(栃木には)良いな、こういうところがあるんだ、良いじゃないかと思って決ーめたっていう(笑)」と入団の意外な決め手を語った。

Yアライバ.jpg

かつて、侍ジャパンで二遊間を組み世界一に輝いた川﨑と西岡。

新天地でのコンビ名については、「"偽物アライバ"で。アライバの偽物で。あっちはゴールドでダイヤモンドだとしたら、こっちはプラスチックという感じで」と語り、報道陣を笑わせた。