【西武】平良 浅村を全球ストレートで3球三振!投手陣の躍動で会心の勝利

野球

2020.9.27



<9月26日 西武 5-1 楽天 @メットライフドーム>
西武は終盤に投打が噛み合う。1-1の同点で迎えた7回、9月の失点0の2年目森脇亮介投手(28)がマウンドに上がる。

辻監督も「信頼は日に日に増している」と、勝ちパターンの一角を担いつつある中、独特なフォームから、最後は得意のカットボールで三者凡退に切ってとり、この日も抜群の安定感を見せる。

vlcsnap-2020-09-27-07h43m45s151.jpg

その裏、打線も流れに乗りチャンスを作ると、こちらも9月絶好調の2番・源田壮亮内野手(27)が猛打賞となる2点タイムリーで、勝ち越しに成功。続く8回には、今年160キロを記録した平良海馬投手(20)が登板。無死一、二塁のピンチで打席に迎えるは、キャリア初の二冠を狙う浅村栄斗内野手(29)。

平良の初球は155キロのストレート。2球目もストレートで浅村から空振りを奪うと、3球目は今日最速156キロのストレートで3球三振。真向勝負を挑んだ平良に軍配が上がる。頼もしい投手陣の躍動で、西武が会心の1勝を挙げた。

vlcsnap-2020-09-27-07h38m45s629.jpg

<9月26日 西武 5-1 楽天 @メットライフドーム>
■責任投手
【勝投手】森脇(5勝0敗)
【敗投手】酒居(3勝2敗)
■バッテリー
【東北楽天】石橋、ジョンソン、酒居、津留崎、安樂、池田駿 ‐ 太田、下妻
【埼玉西武】ノリン、中塚、小川、國場、宮川、森脇、平良、ギャレット ‐ 森

vlcsnap-2020-09-27-07h23m40s805.jpg

vlcsnap-2020-09-27-07h23m46s294.jpg