“指名漏れ”からドラフト1位指名へ、栗林良吏 四年間の軌跡/Humanウォッチャー

野球

2020.10.29



【「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」テレビ東京系列 10月31日(土)夜11時/BSテレ東 深夜1時放送】
今週のヒューマンウォッチャーは、広島からドラフト1位指名を受けた「トヨタ自動車 栗林良吏」に長期密着!

<動画>アジア・ウインターリーグ 胴上げ投手は来年のドラフト候補 栗林良吏

10月26日(月)、2020年度の「プロ野球ドラフト会議」が行われた。
今年の「運命の一日」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、球団別に部屋が用意され抽選時はアルコール消毒を行うなど特別なものとなった。

そんな中、広島東洋カープから1位指名を受けたのは、150キロを超えるストレートと切れ味鋭い変化球を操り、
社会人No.1右腕との呼び声高い、トヨタ自動車・栗林良吏投手(24)。

HW栗林 ドラフト指名5.jpg

番組は、4年間に渡り栗林に長期密着を行ってきた。

名城大3年時に日本代表に選出され、4年時にはプロ志望届を提出するも、指名漏れ。

kuri-1大学指名漏れ.jpg

挫折を味わい、一度はプロ野球を諦めようと思った彼が2年後、
社会人No.1右腕と呼ばれドラフト1位の指名を受けるほどの選手にまで成長した影には、ある人物の大きな影響があった。

その人物とは、栗林の名城大学時代のコーチで2007年中日ドラフト1位の山内壮馬氏だ。
栗林にプロ入りへの夢を持つきっかけを与えてくれた存在で、覚醒に繋がる決め球の習得も山内氏の指導からだった。

kuri-9山内2S.jpg

大学時代の指名漏れした瞬間、覚醒のきっかけとなったあのボールを習得した時、様々な瞬間をカメラは見つめてきた。

kuri-2社会人.jpg

どこにでもいそうな青年が、
見事ドラフト1位を勝ち取るまでの軌跡をお送りする。



【追跡LIVE!SPORTSウォッチャー】
テレビ東京:月~金曜夜11時58分/土曜夜11時/日曜夜10時54分
BSテレ東:土曜深夜1時/日曜深夜1時45分