ホークスは巨人V9時代に匹敵&丸の一塁接触論争に喝!

野球

2020.11.23



<SMBC日本シリーズ2020 第2戦 巨人 2-13 ソフトバンク 11月22日@京セラD大阪>
日本シリーズ第2戦はソフトバンクが15安打3本塁打、13得点で大勝。脅威の日本シリーズ10連勝を達成した。

攻守にわたり完膚なきまでに巨人を圧倒したソフトバンクだったが、中畑清が強さの要因に挙げたのは意外なものだった。しかし、その"意外な要因"が先制、中押し、ダメ押し点の全てに通じており中畑清がこれまでの野球人生で目にしてきた数々のチームの中でも「こんなチームはない」というぐらいの完成度であると断言。

これまでは巨人OB会長としての立場から批判を覚悟で巨人の日本一を信じ巨人サイドの目線からコメントを残してきた中畑清だったが、今日の試合を終え、ついに覚悟を決めた...。

<SMBC日本シリーズ2020 第2戦 巨人 2-13 ソフトバンク>
■責任投手
【勝投手】石川(1勝0敗)
【敗投手】今村(0勝1敗)
■バッテリー
【福岡ソフトバンク】石川、嘉弥真、高橋礼、岩嵜、杉山、椎野 ‐ 甲斐
【読売】今村、戸郷、田口、鍵谷、大江、高梨、大竹 ‐ 大城、炭谷
■本塁打
【福岡ソフトバンク】甲斐 1号(2回ソロ 今村)、グラシアル 1号(3回2ラン 戸郷)、デスパイネ 1号(7回満塁 鍵谷)
【読売】ウィーラー 1号(5回2ラン 石川)

vlcsnap-2020-11-23-00h11m39s862.jpg