神戸がACL 4強進出!延長でイニエスタ投入 水原三星にPK戦で競り勝つ

サッカー

2020.12.11

aflo_149742253.jpg
2020ACL準々決勝 アンドレス・イニエスタ 写真:ロイター/アフロ

 ヴィッセル神戸は12月10日、カタールで開催中のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の準々決勝で水原三星に延長1-1の末にPK戦を7-6で競り勝ってベスト4に進出した。13日の準決勝で韓国Kリーグ王者の蔚山現代と対戦する。ACL初出場の神戸がアジアクラブトップの座まであと2勝と迫っている。

「ここまで何度も対戦して五分五分。いい試合になると思う」

 試合前日にそう話していたFW古橋亨梧選手の言葉通り、今大会3度目の顔合わせとなった両者は、準決勝進出をかけた一発勝負の戦いで延長120分を戦っても決着がつかず、PK戦で両者合わせて14人が蹴る激戦を繰り広げた。

それぞれ6人まで成功したPK戦だったが、7巡目に入ると先攻の水原のキッカーがクロスバーの上に外す。無観客のスタジアムが両チームの歓声と動揺でざわつく中、PKスポットに進み出たFW藤本憲明選手は間合いを取って右足を振ると、シュートは相手GKの逆を突いてゴール右に吸い込まれた。

延長前半から交代出場していた藤本選手は、「いつも通りに蹴ることができた」と振り返り、「チームに貢献できていなかったので、しっかり決めてチームに貢献したかった」と笑顔を見せた。

 神戸と水原はグループステージでも対戦していた。2月のアウェイでは神戸が勝利していたが、新型コロナウィルス感染拡大による中断を経てカタールで再開された後は12月4日の最終戦で顔を合わせ、すでにノックアウトステージ進出を決めていた神戸は先発を大きく入れ替えて臨み、水原に軍配が上がっていた。

 2011年と2018年には4強入りした経験もある水原は、12月7日のノックアウトステージ1回戦で横浜F・マリノスに3-2の逆転勝利を収めて準々決勝に進出。その試合でも見せていた、速く激しいプレッシャーと高い集中力、ここという瞬間に畳みかける攻撃力は、この試合でも健在で立ち上がりから神戸にプレッシャーをかけてきた。

そして前半7分、右サイドからのクロスにFWパク・サンヒョク選手がゴール前のスペースをうまくついて先制し、早々にリードを奪った。

神戸は、3日前の上海上港戦の後半に負傷したMFアンドレス・イニエスタ選手を欠いて、相手の守備ブロックに手を焼き、思うようなパスを通せずに我慢の時間が続いていた。

だが前半36分、FWドウグラス選手と今大会前線で活躍している西大伍選手のコンビネーションが噛み合ってチャンスを迎える。ブラジル人FWからのパスに飛び出した西選手が、ペナルティエリアの端で相手DFに倒されて、神戸は一時、PKの機会を得た。

この判定はしかし、直後にこのラウンドから適用されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による確認でFKに修正されたが、これを古橋選手が直接決めて、神戸が40分に追いついた。

さらに、西選手を倒したファウルで相手DFは一発退場となり、神戸は数的優位を得てその後の試合を進めた。

 それからは流れが一変。神戸が攻撃を展開し、ドウグラス選手を中心に決定的チャンスを何度となく作った。だがゴールを割ることはできずに延長に突入。その後、神戸の動きに疲れが見える中、延長でも決定機に決めることはできない。

 水原は、守備を固めてカウンターの機会を探っていたが、延長後半の終盤に攻撃を仕掛け、交代出場のFWキム・ガニ選手やMFキム・ミヌ選手らが連続シュートで神戸ゴールに迫った。だが、神戸はGK前川薫也選手やMF山口蛍選手の好守で凌ぎ、両チームともに決定打がないまま、PK戦に突入していた。

 PK戦で7番手としてキックを成功させた藤本選手は、「いつも通りに蹴ることができた」と振り返り、「チームに貢献できていなかったので、しっかり決めてチームに貢献したかった」と思いを明かした。

 神戸の三浦淳寛監督は、「水原は一人少ない中でも粘り強い守備を見せ、我々は得点を狙って、お互いに決着をつけるために全力で戦った」と話し、相手が守備で見せた高い集中力とハードワークを称え、「両チームにとって非常に良いゲームになったと思う」と語った。

 足を傷めていたイニエスタ選手を延長後半の113分に送り出し、PK戦でチームの一番手としてキッカーを務めたことについて、「プレーに関与する回数は少なかったが、彼がいることによって水原は守勢に回るこが増えた。PKも、我々のキャプテンが一番初めに決めるということが勝利につながった」と、元スペイン代表MFのリーダーシップの強さを指摘した。


準決勝は蔚山現代と

 次に対戦する蔚山は、10日の準々決勝で北京国安(中国)に2-0の勝利を収めて、優勝した2012年大会以来初の、通算で3度目の準決勝進出を決めた。

 指揮を執るのは神戸でのプレー経験もある元韓国代表FWキム・ドフン監督。2017年から蔚山でチームを率いてKリーグではここ2年連続で2位に入り、韓国FAカップでは2017年に優勝、2018年と今年は準優勝した。ACLも2018年から3大会連続でノックアウトステージに進出している。

 今大会のグループステージではFC東京と同じF組を4勝1分無敗の首位で突破し、ラウンド16でメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)に3-0と快勝して8強に駒を進めた。ブラジル人FWネグラン選手が10日の北京戦での2得点を含めて5得点、MFユン・ビッガラム選手とノルウェー代表FWビヨルン・ヨハンセン選手が4得点ずつマークしている。

 神戸と同じ会場で一足先に戦った準々決勝を90分で終えた蔚山に対して、神戸は120分の末にPK戦までもつれた。この違いによる影響は次戦へ気になる点だ。

さらに神戸はイニエスタ選手が水原戦のPK戦でキックを決めた際に顔をしかめる表情を見せており、次戦の出場が危ぶまれている。

だが、水原戦では36歳のスペイン人キャプテン不在でも神戸はチャンスを作り、ドウグラス選手には決定機も多かった。足りなかったのはゴール前の精度だ。

神戸の三浦監督も、アルアイン(UAE)で2016年大会準優勝も経験しているブラジル人FWの決定力に期待を寄せている。

 「彼はとても能力が高い。(今日は)神様が次の試合へ試練を与えたのだと思う。次の試合以降では、間違いなく結果を出してくれると思っている」


取材・文:木ノ原句望