羽生結弦 今季世界最高得点の圧巻V!5年ぶり5度目の優勝「たくさんの方々に感謝したい」<全日本フィギュア>

その他

2020.12.27

aflo_150957268.jpg
羽生結弦 写真:森田直樹/アフロスポーツ

 フィギュアスケート全日本選手権 男子ルフリーが26日、長野市若里のビッグハットで行われ、ショートプログラム(SP)首位発進の羽生結(26=ANA)が、215.83点をマークし、SPとの合計319.26点で、5年ぶり5度目の優勝を飾った。

羽生結弦 まさかのスピン0点も唯一の100点台で首位発進<全日本フィギュア>

 王座奪還を狙った羽生はフリーの新プログラムでは戦国武将・上杉謙信の生涯を描いた作品「天と地と」をテーマ(大河ドラマ「天と地と」のテーマ曲 三味線や琴の音色など和のテイストが融和したプログラム)に和風の衣装に身を包みフリーに臨んだ。

 冒頭、高難度の4回転ループで完璧な着氷を見せると得意の4回転サルコウも決め、高い出来栄え点を獲得し流れに乗る。『見ている人の背景に訴えかけたい』と羽生は和の音色と共に優雅な滑りを披露。

演技後半、4回転からの3連続コンビネーションを成功させると最後まで和のテイストを表現し、圧巻の演技を見せた羽生が参考記録ながら今シーズン世界最高得点を叩き出し、王座奪還を果たした。


羽生結弦
「今、この世の中 戦わないといけないことがたくさんさりますけれども 何かみなさんの中にちょっとした芯みたいなものが。向かっていく芯みたいなものが見えたら良かったなと思います。結果は素直にうれしいです。自分のことを信じてくれたコーチ、たくさんの方々に感謝したいです」