【第1弾】フランス・マルセイユ監督 ビラス・ボアスが日本サッカーについて語る

サッカー

2021.1.21


maxresdefault.jpg

世界有数の監督と知られ、長友佑都と酒井宏樹が所属する、フランス・マルセイユの監督を務めるアンドレ・ビアス・ボアス(43)に、日本のテレビ局として初の単独インタビュー。

第1弾は、実は獲得しようと思っていた日本人や、もし日本代表監督やJリーグのオファーがきたら... など、日本サッカーについて語ってもらった。

聞き手はアンドレ・ビラス・ボアスと同じく、世界最高の監督とも言われているジョゼ・モウリーニョのもとで指導者としての知識を学ぶなど、日本サッカー界期待の指導者、林舞輝氏(26)。

※この対談は昨年の12月に行われたものです。アンドレ・ビラス・ボアスを「AVB」、林舞輝を「林」と省略します。

対談前の林舞輝氏に聞く

Q:アンドレ・ビラス・ボアス氏はどんな監督?

ボラステロ.jpg

林:若くして優秀。ビッグクラブで監督を務め、実績も残してイケメン、という印象。

Q:2人の繋がりは?

林:彼はポルトガルのポルト生まれ、ポルト育ち。僕もポルトでサッカーを学んだ。彼はプロサッカー選手としての経験がなく、僕もサッカー選手としての経験がない。それで若くして監督を経験。その辺は似ているかなと思いますけれど、似ているのレベルがね(笑)。聞きたいことはたくさんあるのでどんどん迫っていきたいと思います。

マイキテロ.jpg

アンドレ・ビラス・ボアス氏と林舞輝氏の対談

林:今マルセイユに2人の日本人(長友佑都・酒井宏樹)がいますが、どうですか?

AVB:非常によくやってくれていると思います。

チャンピオンズリーグのグループステージ・マンチェスターシティとリーグ戦のACモナコの試合でも出場しました。2人とも出場機会を得られていて、彼ら自身も満足していると思います。

(長友)佑都はチームに溶け込んでいっている。個性を発揮してみんなのお気に入りです。ガラタサライではなかなか試合に出れなかったので、今多くの試合に出場することを望んでいます。日本代表にも招集されているのでどんどん強くなってきています。

酒井宏樹は私にとって重要な戦士。常に全力で100%の力を発揮してくれる。長友佑都も酒井宏樹も本当に素晴らしい選手です。



林:他に日本人でお気に入りの選手はいますか?

AVB:マルセイユにちょうど私が来た時(2019年)、サインしようとしたのは冨安健洋です。

冨安写真.jpg

残念ながら実現することはできませんでした。タイミングが遅かったのかもしれません。(当時は)冨安がヨーロッパに来たら非常に面白い存在になると思っていました。

あとは南野拓実の話もよく出ますが、実際にはありません。

林:日本サッカーの良いところはどんなところですか?

僕が思うポルトガルの良いところは何かが足りない時にお金で解決するのではなく、自分でなんとかしようとするところ。

AVB:中国での監督時代(上海上港)で特に感じたのは、日本のチームは規律がよく取れて鍛錬している。

常に何かを学ぼうとする姿勢が素晴らしい。例えばマラドーナやロナウジーニョ、ネイマールのような有名な選手のテクニックを身につけようとする。

マラドーナ.jpg

それから自分のスピードに対してテクニックを合わせられるところ。これに関してはディフェンダーより攻撃的な選手の特徴です。昔から中田英寿や本田圭佑に興味を持っていました。

実際に中国で監督をしていた時には、当時ACLで対戦した浦和レッズの柏木陽介や青木拓矢(現在FC東京)、興梠慎三に感心した。日本というチームや選手の個性・特徴に対して良い印象を持ち続けています。

林:報道で日本代表監督のオファーがあったと言っていましたが、JFAの田嶋会長はオファーしていないと発言、それについては?

AVB:このことについて、JFAにご迷惑をお掛けしてしまいました。

改めて確認しましたが、当時の私のエージェントに別のエージェントから興味があるかという打診があったかと。もちろん、嘘をつくようなエージェントではないですし、信頼している重要なパートナーです。

ただ、日本側からの正式なものではなかったようでした。そういう話があるかもしれないよ、ということだったのかもしれません。私の早とちりでした。このことについてはJFAの田嶋会長が明確にしてくれたので感謝しています。



林:もし本当に、Jリーグや日本代表の監督のオファーがきたらどうですか?

AVB:もちろんそういう話があったら良いですね。

でも今はマルセイユで契約を延長するかどうか話している段階。実はまだ何も決めていません。しばらくは様子を見たい。今はマルセイユというチームに全力を尽くしたい。

ただ、FCポルトのアカデミーコーチの時から日本やブラジルでやってみたい思いはあります。

日本でやってみたい.jpg

林:ビラス・ボアスさんがいつか日本に来た時に一緒に仕事できるようにたくさん経験します。

AVB:その時はぜひ私に連絡してください。コロナによるパンデミックがなくなったらポルトガルやヨーロッパに来てください。

【第2弾は、アンドレ・ビラス・ボアス氏と林舞輝氏だからこそ話すことができる<戦術編>をお届けします!】