【新種目ブレイキン】”Shigekix”半井重幸 2024年パリ五輪へ「金メダルを獲れる器になる」

その他

2021.1.22


都内のスポーツジム。そこにアクロバッティックなダンスをする若者の姿が。ダンサーネーム「Shigekix」こと半井重幸(なからいしげゆき)18歳。実は彼は、2024年パリオリンピックで正式種目となった「ブレイキン」の金メダル候補として期待されているのだ。

【動画】パリ五輪新種目ブレイキン、18歳の世界王者 "Shigekix" 半井重幸が金メダルを目指す

ブレイキンの特徴は音楽に乗せて、回ったり、跳ねたり、とにかくアクロバティック!

ブレイキンとは.jpg

その魅力に引き込まれたのは今から11年前。これまで獲得した優勝トロフィーの数は、本人でさえ数えきれないほど。そんなブレイキンの魅力を、「錦織圭選手だったらエアー圭。ある意味僕たちは全員持っている。全員がオリジナル」と語る。

今では金メダル候補と言われる半井だが、3年前、初めてブレイキンがスポーツ競技として採用されたユースオリンピックでは、掴んだ色は金メダルではなかった。「あの負けたことがスタートになるかなと思いました。逆に今は良かったかなと思っています。敗北を経験したほうが強くなる」

悔しさをバネに、去年4月から始めたのが肉体改造。これまでのダンス練習の後に、全身を鍛えるトレーニングを加えた。

腹筋.jpg

その努力が実を結んだ去年の11月、世界最高峰の舞台ワールドファイナル。最年少優勝で世界一の称号を手にした。

優勝.jpg

そして見据える先、「2024年までに金メダルを獲れる器になれるよう頑張ります!」と、力強く語った。

がんばります.jpg