【香港QE2C】キセキ、グローリーヴェイズともに調整は順調

その他

2021.4.21

aflo_66444479.jpg
キセキ 写真:Shutterstock/アフロ

 4月25日(日)に香港のシャティン競馬場で行われる香港チャンピオンズデーのクイーンエリザベス2世カップ(G1 2000メートル(芝) 3歳以上)に出走するキセキ(牡7 栗東 父ルーラーシップ)が20日、シャティン競馬場で角馬場→オールウェザーコースをキャンターで1周した。

横山武史 父譲りの勝負勘が生み出した無敗のビクトリーロード

騎乗した清山宏明調教助手は「馬場に入ると気負う面はありますが、それは彼の特徴なので、日々順調にきていると思います」とコメント。

 同レースに参戦するグローリーヴェイズ(牡6 美浦 父ディープインパクト)もシャティン競馬場で角馬場→オールウェザーコースをキャンターで1周し、騎乗した竹内覚調教助手も「順調の一言です」と話した。