U-24日本代表 ホンジュラス戦勝利も後半に五輪への修正点

サッカー

2021.7.14

GettyImages-1328306863.jpg
U-24日本代表 吉田麻也 Photo by Etsuo Hara/Getty Images

東京オリンピックへ向けて調整中のサッカーU-24日本代表が7月12日、大阪のヨドコウ桜スタジアムで行われた国際親善試合でU-24ホンジュラス代表と対戦。

DF吉田麻也選手(サンプドリア)の先制ゴールとMF堂安律選手(アイントホーフェン)の2ゴールで3-1の勝利を収めたが、一方でペースダウンした後半に本番への修正点が浮かんだ。

オリンピック代表メンバー決定後、7月5日から大会へ向けた準備合宿を行ってきた日本は、グループステージで対戦するメキシコ代表を想定して北中米カリブ海地域予選を2位で突破したホンジュラスと対戦。

日本はアグレッシブな守備で相手にプレッシャーをかけてボールを奪い、堂安選手、MF久保建英選手(レアル・マドリード)、MF三好康児選手(アントワープ)が流動的にポジションを入れ替わり、1トップでポスト役を務めたFW林大地選手(鳥栖)と絡んで攻撃を仕掛け、前半で2点のリードを奪った。

先制は前半13分、久保選手のFKに吉田選手が相手の裏で合わせてリードを奪い、40分に左サイドの崩しから三好選手が中へ入れたボールを林選手がゴール前で落とし、これを堂安選手が右足でゴールに蹴り込んでリードを2-0に広げた。

来日して日も浅く、時差ボケも残るというホンジュラスは動きに切れを欠いていたが、後半開始から選手5人を入れ替えてフレッシュな選手を投入するとプレーがテンポアップ。縦へのボールが入るようになる。

対する日本は、後半は動きが落ちて相手にパスをブロックされる場面も増え、一転して押される展開になった。

後半20分にはホンジュラスはMFホルヘ・アルバレス選手のインターセプトからFWリゴベルト・リバス選手にボールが渡ると、イタリアのレッジーナでプレーする22歳はペナルティエリアに切り込んで近い距離から狙うと、DF冨安健洋選手(ボローニャ)が伸ばした足に当たってゴールに吸い込まれた。交代選手二人の勢いのあるプレーで1点を返した。

日本はカウンターから得点機を作り、後半40分にMF遠藤航選手(シュツットガルト)のフィールド中央から左サイドへの大きな展開に、交代出場のMF相馬勇紀選手(名古屋)がスピードを活かしてペナルティエリア深くに入って折り返す。これをゴール正面に勢いよく走り込んだ堂安選手が右足で合わせてゴールネットに突き刺して3-1とし、試合を終わらせた。

背番号10を付けて本大会へ臨む堂安選手は「パスをくれたチームメイトに感謝」と2ゴールを喜んだが、「前半はよかったが後半は相手に流れを持って行かれた。もっと向上しなければ」と反省も口にした。

後半のペースダウン

 日本が前半見せたスピード感のある流れるような攻撃は、やはり、このチームの魅力であり武器だ。チームを率いる森保一監督も、「チームの距離感や攻守の切り替えは我々が戦う上で大きなポイントとなる。今日の前半の部分は良い感覚としてさらに続けてほしい」と話した。

しかし、この日は後半にペースダウン。それは数字にも表れていて、前半のシュート10本(相手は0)に対して後半は3本で、ホンジュラスは前半0、後半3。その3本で1ゴールをマークした。

GettyImages-1328314281.jpg
U-24日本代表 久保建英 Photo by Etsuo Hara/Getty Images

近年はフル代表の成長も印象的なホンジュラスは、コンディションが良ければ足技も相手ゴールに迫る推進力もさらに発揮されていたに違いない。

オリンピックへは4大会連続5度目の出場で、2012年ロンドン大会ではベスト8、2016年リオ大会ではベスト4と結果を出している。今回の東京大会では韓国と同じB組で、勝ち進めばA組の日本と対戦する可能性もある。

森保監督は、ハーフタイムで相手が5人を交代投入した点に触れて「押し込まれることは想定していた」としたが、「それでも、攻撃のクオリティを出して相手が前に出てくるところで3点目を奪えればよかった」と物足りなさを認めていた。

後半日本の動きが落ちた点については、6月の代表活動で同12日にジャマイカ代表と対戦して以来約1ヵ月ぶりの実戦となった選手が多いなど、大会初戦へ向けて依然として調整段階にある点に言及した。

「選手にはペース配分を考えすぎずに今持っているものをぶつけてほしいと話した。ペース配分を考えすぎるとゴールに向かうパワーを失ってしまう。特に前線の選手には行けるところまで行って、体力を回復させて次へ向かってほしい」とU-24日本代表指揮官は語り、中2日で連戦が続く本番を想定しての試みの一つだったことを示唆した。

攻撃のクオリティ

多くの試合で流れが相手にいく時間帯はあるものだが、その流れにどう抗い、再び自分たちの方へ流れを持ってくるかは、金メダル獲得を目指している日本にとっては無視できないポイントだ。

森保監督は、「オリンピックでは体力的に厳しいなかでやっていかなければならない。疲労が出た時にも攻撃のクオリティを上げて、少しでも良い形で相手のゴールに向かっていける、コントロールできるようにしなければいけない。ボールロストしても粘り強く守備をして相手にゴールを割られないようにということを、修正していきたい」と語り、攻撃の質の向上と粘り強い守備の継続が不可欠とする認識を示した。

GettyImages-1328312383.jpg
U-24日本代表 田中碧 Photo by Etsuo Hara/Getty Images

「3-1の中でピンチが多くあった。選手たちにはこの厳しい戦いの中で五輪を勝っていくという感覚を持ってもらえたと思う」と話していた。

OA(オーバーエイジ)として出場し、自身3度目の五輪でチームのキャプテンを務める吉田選手は、「細かいミスをなくすこと。うまくいかない時にもう少し起動修正をうまくしたい。ゲームの終わらせ方は良かった。少し落ち着かない時間帯が多少あるので、なるべく早く落ち着かせて巧みに試合を進めることができれば」と改善点を挙げた。

チームはオリンピック前最後の強化試合として、やはり五輪に出場するU-24スペイン代表と7月17日(土)に神戸で対戦して最終調整を図る。

オリンピック本大会では、日本はグループステージでこの日想定したメキシコのほか、南アフリカ、フランスと対戦する。

取材・文:木ノ原句望