髙藤直寿 日本勢金メダル第1号!「支えてもらった結果。これが僕の柔道です」【五輪柔道】

柔道

2021.7.24

GettyImages-1330359292.jpg
髙藤直寿 Photo by Harry How/Getty Images

◆東京五輪 柔道男子60キロ級(24日・日本武道館)

24日、東京五輪の柔道1日目は、男子60キロ級 髙藤直寿(パーク24)が決勝で楊勇緯(台湾)を反則で下し、金メダルを獲得。日本勢初の金メダルとなった。この階級では2004年のアテネ五輪で五輪3連覇を達成した野村忠宏以来、17年ぶりの金メダル。

直後のインタビューでは「ありがとうございます。本当に今までみんなに支えてもらってこの結果だと思います。本当に古根川コーチ井上監督に迷惑かけてばっかりだったので結果残せてよかったと思っています。こうやって開催していただいたおかげです。豪快に勝つことができなかったのですがこれが僕の柔道です。今まで応援していただいてありがとうございました。金メダリストとして柔道を磨いていきたいと思います。」と涙ながらに話した。

aflo_165323888.jpg
髙藤直寿 写真:AP/アフロ

髙藤直寿
栃木県出身。東海大相模高-東海大学 2016年リオ五輪銅メダル。世界選手権は2013,2017,2018年の3度制覇。得意技は小内刈。160センチ、28歳。