三冠馬コントレイルが引退 ディープインパクトの後継種牡馬へ

その他

2021.12.4

aflo_125.jpg
第41回ジャパンカップ制したコントレイルと福永祐一騎手 写真:日刊スポーツ/アフロ

2020年に無敗で牡馬クラシック三冠を達成し、2021年ジャパンカップ(GI)などを制したコントレイル(牡4歳 栗東・矢作芳人厩舎 父ディープインパクト)が、12月4日(土)付けで競走馬登録を抹消したことをJRAが発表した。

同馬は北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

コントレイル
馬主:前田晋二氏
調教師:矢作芳人(栗東)
生年月日:2017年4月1日
血統:父 ディープインパクト・母 ロードクロサイト
成績:
JRA通算成績 11戦8勝
JRA獲得賞金 1,195,294,000円(付加賞含む)
重賞勝鞍:
2019年 東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII)
2019年 ホープフルステークス(GI)
2020年 皐月賞(GI)
2020年 東京優駿(GI)
2020年 神戸新聞杯(GII)
2020年 菊花賞(GI)
2021年 ジャパンカップ(GI)