【華麗なる武一家】”ディープインパクト” 武豊「空を飛ぶように走る馬」

その他

2022.5.18

vlcsnap-2022-05-06-21h53m35s302.jpg

 日本競馬界のレジェンドと称される武豊騎手とその弟である武幸四郎調教師。ともに数々との名馬とコンビを組み、記憶にも記録にも残る好成績を残してきた。

 その中でもテレビ東京スポーツYouTubeチャンネルで配信中の「競馬大好きママ のスナック美馬女 #1 華麗なる武一家」で紹介された競走馬を詳しく紹介。

■英雄『ディープインパクト』

武豊の代表騎乗馬とも言うべき存在でもある"英雄"ディープインパクト。

日本競馬史上に残る名馬だけに語るところは数多くあるが、中でもスナック美馬女でママを務める田中道子が挙げたのはディープインパクトの初GI制覇となった皐月賞である。

武豊とのコンビでデビュー2戦目の若駒S(芝・2,000m)で破壊的な末脚を繰り出して快勝したことで、この年のクラシック戦線の主役となったディープインパクト。

クラシック第1冠目となる皐月賞(GI 芝・2,000m)でも単勝1.3倍というダントツの1番人気という支持を受けてレースに臨むも、スタートで躓いて最後方からのレースとなるアクシデントに見舞われた。

中山競馬場特有の小回りなコースレイアウトに加え、GIの大舞台でこれだけの出遅れを喫した馬はそう簡単には勝てないと誰もがディープインパクトの皐月賞制覇を絶望視する中、武豊は馬群を外に持ち出し、1頭、また1頭とゆっくりながらも確実に先頭との差を詰めていった。

そして迎えた直線。ディープインパクトは武豊が「初めて入れた」というムチに驚きつつも、スピードを上げて残り200mの時点で先頭に立つと、後続を一気に突き放して快勝。2着のシックスセンスには2馬身1/2もの差をつけて無敗でクラシック1冠目を制した。

道子ママが「特に注目してほしい」と語ったのがレース後のインタビュー、ここで武豊はのちのディープインパクトの代名詞とも言うべき名言を残した。

「走っているというより、飛んでる感じ」――

天才騎手に「空を飛ぶように走る馬」と言わしめたディープインパクトはこの後、無敗でのクラシック三冠制覇をはじめ、武豊とともに日本競馬史に残る偉大な走りをファンに見せることになるのは言うまでもない。

■ディープインパクト
父:サンデーサイレンス
母:ウインドインハーヘア
生年月日:2002年3月25日
馬主:金子真人ホールディングス 株式会社
生産者:ノーザンファーム
獲得賞金:14億5,455万円
通算成績:14戦12勝 (12-1-0-1)
重賞:10勝(GI7勝)

出走レース:
レース名 着順 騎手 距離 1(2)着馬 オッズ
有馬記念(GI)1着 武豊 芝2500m(ポップロック)1.2
ジャパンカップ(GI)1着 武豊 芝2400m(ドリームパスポート)1.3
凱旋門賞(G1)失格 武豊 芝2400m(3位入線)レイルリンク
宝塚記念(GI)1着 武豊 芝2200m(ナリタセンチュリー)1.1
天皇賞(春)(GI)1着 武豊 芝3200m(リンカーン)1.1
阪神大賞典(GII)1着 武豊 芝3000m(トウカイトリック)1.1
有馬記念(GI)2着 武豊 芝2500m (1着 ハーツクライ)1.3
菊花賞(GI)1着 武豊 芝3000m(アドマイヤジャパン)1
神戸新聞杯(GII)1着 武豊 芝2000m(シックスセンス)1.1
東京優駿(GI)1着 武豊 芝2400m(インティライミ)1.1
皐月賞(GI)1着 武豊 芝2000m(シックスセンス)1.3
弥生賞(GII)1着 武豊 芝2000m(アドマイヤジャパン)1.2
若駒S 1着 武豊 芝2000m(ケイアイヘネシー)1.1
新馬1着 武豊 芝2000m(コンゴウリキシオー)1.1