【オークス みどころ】初めての試練に耐え、気高く咲くのは誰だ

その他

2022.5.21

aflo_185522303.jpg
2022桜花賞 スターズオンアース優勝 写真:東京スポーツ/アフロ

 果たして今年のオークスは、乙女たちにどんな試練を与えるのだろうか。

 桜花賞から800mもの距離が延び、ほとんどの馬にとっては未知の距離となる2400m。

牝馬限定戦の重賞ではオークスほど長い距離を走るレースは存在しないだけに中には最初で最後の体験となる馬もいるだろう。それだけにこの2400mという距離を課題に掲げる陣営は多い。

 スピードばかりが問われてきたこれまでとは違い、今度はスタミナを競う――

いわゆる名牝系と呼ばれる一族出身の馬は押しなべてこのスタミナを豊富に持つ馬が多かった。それだけにオークスを制した馬は現役引退後に繁殖牝馬になってからも成功するケースが目立つ。

古くは娘、孫、そしてひ孫がすべてGIを制したダイナカールもしかり、最近では息子たちがGIを制し種牡馬としても大成したシーザリオ、そしてついこの間現役を去ったばかりの秋華賞馬アカイトリノムスメの母もオークスを制した牝馬三冠馬のアパパネだった。

勝ちさえすれば、未来への飛躍は約束されたも同然のオークスだが、今年の出走馬たちは少々混戦模様。

今年の3歳牝馬戦線はレースのたびに主役が変わるというほど、絶対的存在が不在の世代。先に行われた桜花賞も1番人気に支持されたナミュールが失速する中、7番人気の伏兵・スターズオンアースが突き抜けるという波乱の決着だった。

そんな波乱が起きた世代で桜の女王に輝いた、スターズオンアースが今回の主役となるだろう。

桜花賞までの彼女はよく言えば堅実、悪く言えば決め手のない馬に思われていたことだろう。赤松賞でナミュール、フェアリーSでライラック、そしてクイーンCでプレサージュリフトにそれぞれ敗れたため、モノサシのような扱いしか受けなかったが、本番の桜花賞で今までの鬱憤を晴らすかのような末脚を見せて勝利。

直線で振りを受けながらも繰り出したあの爆発的な末脚は父のドゥラメンテを彷彿とさせるものだった。

 初の関西遠征が不安視された桜花賞とは異なり、オークスは輸送がない東京競馬場での開催と条件が一気に好転する。

鞍上が川田将雅から乗り替わることになるのがどう出るかだが、当代きっての腕利き、クリストフ・ルメールが乗るのであれば不安はないはず。最も大きな課題と思える距離に関してはそのルメールが「この馬の家族はオークスが好き」と太鼓判を押すほど。

 祖母スタセリタはフランスオークス、そして叔母のソウルスターリングは5年前にルメールが騎乗してオークスを制しているという根っからのオークス一族。血統が織りなす導きに後押しされるかのように、牝馬二冠が彼女のもとに近づいていると言えるだろう。

 そんな桜花賞馬に待ったをかける存在がいる。その筆頭格となるのがアートハウスだ。

 忘れな草賞を勝ったとはいえ、まだ3戦2勝とキャリアこそ浅いが、桜花賞を制したスターズオンアースを手放してまで、川田将雅がパートナーに選んだのが彼女。

デビュー前の育成牧場に預けられていたころから大器と評されていた素質馬が遅まきながらこの樫の舞台にやってきた。

 父のスクリーンヒーローから受け継いだであろう、豊富なスタミナを武器に先行策を取りながら早い脚を使って抜け出すというレースセンスの良さが最大の魅力で、忘れな草賞では先行する2頭の間を割って抜け出すという勝負根性がないとできない芸当で勝ち切って見せた。

桜花賞が波乱の決着になると、オークスでは新たな女王が生まれるものだが、彼女にはその資格があると見ていいかもしれない。母があと一歩と迫りながらも届かなかったGIタイトルを娘が手にする日はすぐそこまで近づいている。

距離が延びるこの舞台ならば、2歳女王サークルオブライフも黙ってはいないだろう。

2歳馬離れしたレースセンスの良さに加え、完成度の高さを武器にした2歳時は阪神JFを制して女王に君臨。

「生命の環」と名付けられた通り、この世代をつかさどる存在となるかと思われたが、チューリップ賞、桜花賞ともに差し届かずに完敗。桜花賞に至ってはデビュー以来、初めて馬券圏内を外してしまった。

だが、この桜花賞の走りにこそ、2歳女王のすごみがあった。フルゲートの外枠という不利な舞台からのスタートにも屈することなく、直線では猛然と追い込んできて勝ち馬とはたったの0.1秒差。上がり3ハロンの時計はメンバー最速となる33秒3を記録した。

距離が延びるだけでなく、直線が延びる東京でならこの末脚はより威力を発揮する。沈んだ夕日が朝日として再び昇り、皆を照らし続けるように彼女は復活することだろう。女王奪還に向けてお膳立てては整ったと言えそうだ。

桜花賞を惜敗した馬からもう1頭、サークルオブライフとともに2歳時からこの世代をけん引してきたウォーターナビレラも押さえておきたい。

血統こそ地味ながらも、鞍上・武豊、調教師・武幸四郎という兄弟タッグに導かれてファンタジーSで重賞初制覇を飾ると、阪神JFは3着。

そしてチューリップ賞5着を挟んで迎えた桜花賞は早めに抜け出してあと一歩で勝利というところをスターズオンアースに差されてハナ差の2着と涙を飲んだ。

血統的に距離延長は決して歓迎できる要素ではないが、今の府中の馬場は内枠に入った先行馬が残りやすい傾向にある中で、彼女が引いたのは1枠1番。逆転に向けてこれ以上ない枠を引き当てた。

兄弟コンビで悲願のGI制覇にいよいよ王手がかかったと言えるだろう。

四者四様、それぞれの花を咲かせるであろうオークス。樫の女王に輝き、今後の競馬界を引っ張っていくのはいったい、どの馬だろうか?


■文/福嶌弘