世界卓球世界卓球

NEWS
日本代表男子 39年ぶりの銀メダル! 日本代表女子 2014年東京大会に続き銀メダル! 

ABOUT

楽しみ方

世界卓球とは

世界卓球とは

「世界卓球2016マレーシア」は団体戦。

五輪を上回る規模で行われる卓球世界No.1決定戦。
偶数年に団体戦、奇数年に個人戦を開催。今年は団体戦。
98の国と地域が参加

世界卓球選手権は国際卓球連盟(ITTF)が主催する、最も権威のある卓球の国際大会。
第1回大会は1926年にロンドンで開催され、90年近い歴史と伝統を誇る。単一競技の世界大会の中で最も古い大会のひとつ。

かつては個人戦と団体戦を同一大会で行っていたが、2003年パリ大会から奇数年に個人戦を、偶数年には団体戦を交互に開催するようになった。

  • 出場チーム 男女各24の国と地域(チャンピオンシップディビジョン)
  • 6チームづつ4つのグループに分かれてグループリーグを戦う(5試合)※試合はすべてシングルス(ダブルス、混合ダブルスはなし)
  • ループリーグ各グループ3位までが決勝トーナメントに進む。※3位決定戦は行われない。グループリーグ4位以下のチームは順位決定トーナメントに回る。

世界卓球とは

ルールルール

各チーム5名の選手を登録し、その中から選出された3名が試合に出場。出場メンバーは、試合ごとに選ばれる。
選出されたメンバー3名が下記の『スウェイスリング』方式で5試合のシングルスを戦い、3試合先取したチームが勝利となる。

試合 チーム1 チーム2
第1試合 A X
第2試合 B Y
第3試合 C Z
第4試合 A Y
第5試合 B X

3試合先取なので、試合の順番が早く、試合数が多い 「A」、「Y」にエースが起用されることが多く、2番手は「B」、「X」に、3番手は1試合のみとなる「C」、「Z」となるケースが一般的となる。
ただし、選手のコンディションによって順番は変わることが多く、オーダーの組み方も見どころに一つとなる。

  • タイムアウト 1試合に1回使用可能。ベンチコーチからのアドバイスを受けることができる。
  • タオルタイム両者の得点の合計が6の倍数になった時のみタオルを使用することができる。
  • 10-1010-10になった場合、2ポイント差をつけた方が勝利となる。サービスは1ポイントごと交代。
  • レットサーブがネットに触れて相手コートに入った場合、ノーカウント。
  • イエローカード1枚目は警告のみで、2枚目から相手にポイントが与えられる。
  • 促進ルール各ゲーム10分経過しても、両者のスコアの合計が18未満の場合に適用
    1回のラリーでの打球数に制限が設けられ、レシーバー(サーブを受ける選手)が13回の返球を成功させると、レシーバーのポイントになる
    適用される機会は少ないが、ラリーが長く続きやすいカットマン同士の対戦の時に、適用されることがある。
    サーブは一本交代

ディビジョンとは

2016年世界卓球選手権クアラルンプール大会では、2014年に東京(日本)にて開催された世界選手権での大会成績に、2016年1月時点での世界チームランキングを加味し、大会に参加する24チームを5つのディビジョンに分けた、各ディビジョン毎に順位が競われます。
ディビジョン1は、チャンピオンシップディビジョンとも呼ばれ、ここで優勝したチームが世界チャンピオンになります。
日本は、男女ともディビジョン1(チャンピオンシップディビジョン)にエントリーされる予定です。

試合日程

2/28(日) グループリーグ 女子 第1戦チェコ(15位)
第2戦ブラジル(26位)
男子 第1戦ベラルーシ(20位)
2/29(月) 女子 第3戦北朝鮮(11位)
男子 第2戦シンガポール(30位)
第3戦ポーランド(12位)
3/1(火) 女子 第4戦タイ(18位)
男子 第4戦ウクライナ(23位)
3/2(水) 女子 第5戦ドイツ(7位)
男子 第5戦ポルトガル(6位)
3/3(木)~
3/6(日)
決勝トーナメント 随時更新します。

世界ランクは2016年2月のもの

大会概要

名称 2016年世界卓球選手権クアラルンプール大会
主催 国際卓球連盟(ITTF)
期間 2016年2月28日(日)から3月6日(日)の8日
開催場所 マレーシア シャーアラム
会場 マラワティスタジアム
大会規模 98の国と地域
テレビ放送 テレビ東京系列6局ネット ほか
ツイッター