ショコライメージ
イントロダクション
ストーリー
スタッフ
キャスト
プロダクションノート  
 

全ての人を幸せにしてしまう。不思議なチョコレートを売る母娘の物語
ショコラ


ラッセ・ハルストレム LASSE HALLSTROM
1946年6月6日スウェーデン、ストックホルム生まれ。幼少期より8mm映画に熱中、音楽学校在学中には16mmで音楽映画を制作しテレビ局で放映された。それがきっかけでテレビを中心に活躍を開始する。75年に長編“En Kille och en tjej(恋する男と彼の彼女)”で映画監督デビュー。77年にはスウェーデンの人気グループ“アバ”を題材に2作目『アバ・ザ・ムービー』を監督、世界的ヒットを記録した。3本のコメディ“Jag ar med barn(僕は子持ち)”(79)、“Tuppen(気取り屋)”(81)、“Tva killar och en tjej(幸せな僕たち)”(83)を経て、85年に『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』の 監督・脚本を手がけ、国際的監督の地位を手に入れた。同作はニューヨーク映画批評家協会、ゴールデン・グローブ賞の最優秀外国語映画賞を獲得し、アカデミー賞で監督、脚色の候補となった。続いてテレビでアストリッド・リンドグレーン原作を映像化した『やかまし村の子供たち』(86)、『やかまし村の春夏秋冬』(87)で高い評価を得た。91年にはアメリカに渡って、リチャード・ドレイファス、ホリー・ハンター主演で初のメジャー映画『ワンス・アラウンド』(V)を監督。以降はアメリカを中心に活躍、93年にはジョニー・デップ、ジュリエット・ルイス、レオナルド・ディカプリオ主演の『ギルバート・グレイプ』の監督、製作を務め、レオナルド・ディカプリオにナショナル・ボード・オブ・レヴュウ助演男優賞をもたらし、ゴールデン・グローブ賞とアカデミー賞の候補とさせた。95年には、南部のある家族の二世代それぞれの愛を裕福で保守的な土地の人々の目からコミカルに描いた、ジュリア・ロバーツ、デニス・クエイド共演作『愛に迷った時』を監督している。99年には『サイダーハウス・ルール』で作品、監督を含むアカデミー賞7部門ノミネートという偉業を達成、マイケル・ケインに助演男優賞、原作者でもあるジョン・アーヴィングに脚色賞をもたらした。94年に女優のレナ・オリンと結婚、二児をもうけており、現在は米国とスウェーデンを行き来している。最新作は、E・アニー・プルーのベストセラー「港湾ニュース」をミラマックス製作、ケヴィン・スペイシー主演で映画化する“The Shipping News”。


デイヴィッド・ブラウン DAVID BROWN
1916年7月28日ニューヨーク州ニューヨーク生まれ。スタンフォード大学とコロンビア大学スクール・オブ・ジャーナリズムで教育を受ける。サンフランシスコ・ニューズ紙記者から雑誌編集を経て、52年に20世紀FOXに一時在籍。出版社副社長で活躍した後、FOX、WBと渡り歩き、72年にリチャード・D・ザナックと共同で製作会社設立、バーナード・L・コワルスキー監督作“SSSSSSS”(73)を製作。以降は共同でスティーヴン・スピルバーグ監督の『続・激突! カージャック』(74)とアカデミー賞作品賞候補となった『ジョーズ』(75)、ドン・シーゲル監督作『ドラブル』(74)、クリント・イーストウッド監督作『アイガー・サンクション』(75)、ジャノー・シュワーク監督作『ジョーズ2』(78)、マイケル・リッチー監督作『アイランド』(80)、ジョン・G・アヴィルドセン監督作『ネイバーズ』(81)、シドニー・ルメット監督のアカデミー賞作品賞候補作『評決』(82)、アーサー・ペン監督作『ターゲット』(85)、ミミ・レダー監督作『ディープ・インパクト』(98)などを製作。また、リリ・フィニ・ザナックを加えた共同製作にロン・ハワード監督作『コクーン』(85)、ダニエル・ペトリ監督作『コクーン2 遥かなる地球』(88)、ブルース・ベレスフォード監督作『ドライビング・ミス・デイジー』(89)と『リッチ・イン・ラブ』(92/V)など。ほかに、オムニバス形式のTVムーヴィ『男が女を愛する時』(91/V)、ロバート・アルトマン監督作『ザ・プレイヤー』(92)、ロブ・ライナー監督のアカデミー賞作品賞候補作『ア・フュー・グッドメン』(92)、ビル・デューク監督作『セメタリー・クラブ』(93/V)、マイケル・ムーア監督作『ジョン・キャンディの大進撃』(94)、ゲイリー・フレダー監督作『コレクター』(97)、フィリップ・ノイス監督作『セイント』(97)、アラン・パーカー監督作『アンジェラの灰』(99)などがある。リチャード・D・ザナックとともに、91年アカデミー賞アーヴィング・G・サルバーグ・メモリアル賞を、93年にプロデューサー組合よりデイヴィッド・O・セルズニック・ライフタイム・アチーヴメント賞を受賞している。舞台プロデューサーとしても“Tru”、“The Cemetery Club”、“A Few Good Men”のブロードウェイ公演などを務めている。著書に高い評価を得た“Brown's Guide To Growing Gray”、自叙伝“Let Me Entertain You”、“The Rest of Your Life Is the Best of Your Life”などがある。映画最新作はリー・タマホリ監督作“Along Came a Spider”、マイケル・アプテッド監督作“Enigma”など。
 

アラン・C・ブロンクィスト ALAN C. BLOMQUIST
マサチューセッツ州アーリントン出身。アナポリス海軍学校から、ミシガン大学へ化学エンジニアとして派遣されるが興味を失い中退、様々な職をつないで学費を稼ぐ。8ミリ映画を撮る夜間コースで開眼、ミシガン芸術大学で学位を取得。1983年に“Summerspell”、ダグラス・トランブル監督作“Big Ball”などで助監督を担当。その後はシドニー・J・フューリー監督作『アイアン・イーグル』(86)、ルイス・ヴァルデス監督作『ラ・バンバ』(87)、ジョン・ヒューズ監督作『おじさんに気をつけろ!』(88/V)などで制作主任などを務めた。88年のテイラー・ハックフォード監督作『熱き愛に時は流れて』で共同製作を担当。以降は『真実の瞬間』(91)で共同製作、『二十日鼠と人間』(92)で製作総指揮、『リトル・プリンセス 小公女』(95)で製作総指揮、『ビューティフル・ガールズ』(96)で共同製作、『スポーン』(97)で製作総指揮、『奇蹟の輝き』(98)の共同製作を務めた。ラッセ・ハルストレム監督とは93年の『ギルバート・グレイプ』で製作総指揮を、『サイダーハウス・ルール』(99)で共同製作を、本作で三度目のコラボレーションとなり製作総指揮を担当している。
 


キット・ゴールデン KIT GOLDEN
過去9年にわたってデイヴィッド・ブラウンと仕事をしており、『ザ・プレイヤー』(92)、『セイント』(97)、『コレクター』(97)などの作品に携わる。1999年にアラン・パーカー監督作『アンジェラの灰』でアソシエイト・プロデューサーを務めた。
 
レスリー・ホールラン LESLIE HOLLERAN
1993年よりラッセ・ハルストレム監督作品に参加、前作『サイダーハウス・ルール』(99)で共同製作、次回作であるE・アニー・プルーの小説“The Shipping News”を映画化するハルストレム監督作品でも共同製作を務める。ほかにも、スウェーデンの小説を脚色した“Sebastian's Love”、ベストセラー小説を脚色した“She's Come Undone”など、二人でいくつかの企画を進行させている。

 

ロバート・ネルスン・ジェイコブズ ROBERT NELSON JACOBS
本作を脚色に際して、神秘的なマヤ族の歴史を当たり、力と快楽の象徴としてのチョコレートをくまなく調べた。本作は、かつて有名なアイオワのライターズ・ワークショップでジョン・アップダイク、ジョン・チーヴァー、イアン・マキューアン、フランク・オコナーらの作家とともに学んでいた自分の原点を思い出させるものだった。アイオワ時代に人間の感情によって大きくストーリーが動いていくことに本当に興味があると気づき、それをするには映画しかないと確信した。そこでロサンジェルスに移って、脚本家の道を追い始めた。その地で一番最初に家の壁に貼ったポスターがラッセ・ハルストレム監督作『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』だったという。脚本家デビューは、3人の老齢の航海士が裕福な未亡人に会いに出かけるというマーサ・クーリッジ監督のコメディ『カリブは最高!』(97/V)で、ジャック・レモンとウォルター・マッソーの名コンビのコミカルな部分を見事に引き出した。軽快なやり取りの奧で、愛と失意のメリハリもしっかりと描いている。続いて、ストーリーテラーの能力が買われて抜擢、大ヒットのファミリー・ピクチャー『ダイナソー』(2000)を手掛けた。本作に続き、ハルストレムが監督する“The Shipping News”を含む2本の脚本をミラマックスと契約している。


ロジャー・プラット ROGER PRATT
テリー・ギリアム監督の幻想的なイメージと豊かな想像力の世界にもっとも密接に関わってきた。1975年に『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』でアシスタント・カメラを担当、続いて『ジャバーウォッキー』(77)にも参加。以降は、『モンティ・パイソン/人生狂騒曲』(83/V)で撮影監督に昇格、『未来世紀ブラジル』(85)、『フィッシャー・キング』(91)、、『12モンキーズ』(95)など、ギリアム監督作を手がけ、『バロン』(89)にも参画している。ほかに、マイク・リー監督作では撮影監督として初の長編を担当したTVムーヴィ“Meantime”(81)、“High Hopes”(88)、短編の“The Short and Curlies”(87)など、リチャード・アッテンボロ監督作では『永遠の愛に生きて』(93)、『ラブ アンド ウォー』(96)、“Grey Owl”(99)などを担当している。最近ではニール・ジョーダン監督作『ことの終わり』(99)でアカデミー賞とイギリス・アカデミー賞の撮影賞にノミネートされた。その他の代表作にジョーダン監督作『モナリザ』(86)、ティム・バートン監督作『バットマン』(89)、ピーター・イエーツ監督作『イヤー・オブ・ザ・コメット』(92/V)、ケネス・ブラナ監督作『フランケンシュタイン』(94)、ジェレマイア・チェチック監督作『アベンジャーズ』(98)、ケヴィン・リマ監督作『102』(2000)などがある。


デイヴィッド・グロップマンDAVID GROPMAN
カリフォルニア州ロサンジェルス生まれ。サンフランシスコ州立大学、イェール・ドラマ・スクールで学び、1977年にニューヨークに移り “Mass Appeal”、“Open Admissions”、 “Lena Horne ‐ The Lady and her Music” などのショウの美術を手がける。82年に“Come Back to the Five and Dime, Jimmy Dean, Jimmy Dean”がロバート・オルトマン監督によって映画化され、同作で映画デビュー。ハルストレム監督とは『ワンス・アラウンド』(91/V)、『サイダーハウス・ルール』(99)で組んでおり、後者で初のアカデミー賞候補となった。主な作品にゲイリー・シニーズ監督作『マイルズ・フロム・ホーム』(88)と『二十日鼠と人間』(92)、ジェイムズ・アイヴォリー監督作『ニューヨークの奴隷たち』(89)と『ミスター&ミセス・ブリッジ』(90)、ポール・マイケル・グレイザー監督作『冬の恋人たち』(92)、スティーヴ・ザイリアン監督作『ボビー・フィッシャーを探して』(93)と『シビル・アクション』(98)、ロバート・ベントン監督作『ノーバディーズ・フール』(94)と『トワイライト』(98/V)、フォレスト・ウィテカー監督作『ため息つかせて』(95)、アルフォンソ・アラウ監督作『雲の中の散歩』(95)、マイケル・ホフマン監督作『素晴らしき日』(96)、ジェリー・ザックス監督作『マイ・ルーム』(96)などがある。最新作はニコラス・ハイトナー監督作“Center Stage”(2000)。


アンドリュー・モンドシェイン ANDREW MONDSHEIN
シドニー・ルメット監督に師事、1982年に『デス・トラップ/死の罠』と『評決』で編集アシスタントを担当、84年に『ガルボ・トーク 夢のつづきは夢…』で初めて編集に昇格、以降『キングの報酬』(86)、『旅立ちの時』(88)、『ファミリービジネス』(89)、『刑事エデン/追跡者』(92)など 7作品に参画した。ラッセ・ハルストレム監督とは『ワンス・アラウンド』(91/V)、『ギルバート・グレイブ』(93)に次いで本作が3作目。最近ではM・ナイト・シャマラン監督の処女作『翼のない天使』(98)を担当、続く2作目『シックス・センス』(99)でアカデミー賞、編集者組合、イギリス・アカデミー賞候補となり、ゴールデン・サテライト賞を受賞した。その他の代表作に、『マドンナのスーザンを探して』(85)、『新生人 Mr.アンドロイド』(87/V)、『私のパパはマフィアの首領』(89)などスーザン・シーデルマン監督3作、『3人のエンジェル』(95)、『輝きの海』(97)などビーバン・キドロン監督2作、最新作にヤヌシュ・カミンスキ監督作“Lost Souls”がある。また、『新生人 Mr.アンドロイド』、『旅立ちの時』、『私のパパはマフィアの首領』、『3人のエンジェル』、『シックス・センス』では第二班監督も務め、98年にはTVムーヴィ“Evidence of Blood”でデイヴィッド・ストラザーン、メアリ・マクドネルを主演に迎えて初監督に挑戦した。


レネー・エールリッヒ・カルフュス RENEE EHLRICH KALFUS
ラッセ・ハルストレム監督とは1991年の『ワンス・アラウンド』(V)、93年の『ギルバート・グレイプ』、99年の『サイダーハウス・ルール』で衣装を担当している。その他の作品にマーサ・クーリッジ監督のTVムーヴィ『愛を奏でて』(92/V)、アレック・ケシシアン監督作『きっと忘れない』(94)、 ロバート・アラン・アッカーマン監督作『運命の絆』(94/V)、エリノア・バーグスタイン監督作『スイート・ダンス』(95)、ティム・ロビンズ監督作『デッドマン・ウォーキング』(95)、ロバート・ハーリング監督作『夕べの星』(96)、グリフィン・ダン監督作『恋におぼれて』(97)、スコット・ヒックス監督作『ヒマラヤ杉に降る雪』(99)などがある。最新作はミミ・レダー監督作『ペイ・フォワード/可能の王国』(2000)。


ナオミ・ドン NAOMI DONNE
メイクアップ・デザイナーとしてクレジットされた作品に、ジョン・グレン監督作『007/リビング・デイライツ』(87)と『007/消されたライセンス』(89)のティモシー・ダルトン、フレッド・スケピシ監督作『ロシア・ハウス』(90)と『私に近い6人の他人』(93)、デイヴィッド・セルツァー監督作『嵐の中で輝いて』(92)、ロバート・ベントン監督作『ノーバディーズ・フール』(94)、ニコラス・ハイトナー監督作『クルーシブル』(96)と『私の愛情の対象』(98)、ジャン・ピエール・ジュネ監督作『エイリアン4』(97)、アンドリュー・デイヴィス監督作『ダイヤルM』(98)のグウィネス・パルトロウ、グリフィン・ダン監督作『プラクティカル・マジック』(98)のニコール・キッドマン、シドニー・ポラック監督作『ランダム・ハーツ』(99)などがある。また、ゲイリー・マーシャル監督作『恋のためらい/フランキーとジョニー』(91)のミシェル・ファイファー、『刑事エデン 追跡者』(92)、ルイス・マンドーキ監督作『ボーン・イエスタデイ』(93)のメラニー・グリフィス、ジリアン・アームストロング監督作『若草物語』(94)のウィノナ・ライダー、リチャード・ベンジャミン監督作『ミルク・マネー』(94)、フェルナンド・トルエバ監督作『あなたに逢いたくて』(95)なども中心となってメイクを担当した。最新作は、ハイトナー監督作“Center Stage”(2000)、ベン・スティラー監督作“Zoolander”のメイクアップ・デザインを担当する。


レイチェル・ポートマン RACHEL PORTMAN
1960年12月11日イギリス、ヘイズルメア生まれ。大学時代に映画音楽の作曲を始め、マイク・リーやビーバン・キドロンらの短編を手がけた。82年にマイケル・ホフマン監督作『オックスフォード・ラブ』(V)を担当、その後は、リーの“Four Days in July”(84)、“The Short and Curlies”(87)、“High Hopes”(88)、『ライフ・イズ・スウィート』(90)など、キドロン作品では “Oranges are Not the Only Fruit”(90)で英アカデミー賞の最優秀音楽賞の次点となり、“Antonia and Jane”(91)、『迷子の大人たち』(92)、“Great Moments in Aviation”(93)、『3人のエンジェル』(95)など多くの作品に参加している。98年には英フィルム・インスティテュートの年間ヤング・コンポーザー賞を受賞、クラシカルなシンフォニー“Where Angels Fear to Tread”でアンソニー・アスキース・アワードの映画音楽賞にノミネートされている。96年にはダグラス・マクグラス監督によるラヴロマン『エマ』でアカデミー賞を受賞している。その他の作品に、チャールズ・スタリッジ監督作『天使も許さぬ恋ゆえに』(91/V)、ウェイン・ワン監督の『ジョイ・ラック・クラブ』(93)と『スモーク』(95)、ジョン・マッデン監督作『哀愁のメモワール』(93)、ジェレマイア・S・チェチック監督作『妹の恋人』(93)、ジョン・ロバーツ監督作『草原とボタン』(94)、ジョン・ダイガン監督作『泉のセイレーン』(94)、アラン・パーカー監督作『ケロッグ博士』(94)、ノーマン・ジュイスン監督作『オンリー・ユー』(94)、ジョシュア・ブランド監督作『恋する放火犯』(95/V)、スティーヴ・バロン監督作『ピノキオ』(96)、アラン・テイラー監督作『パルーカヴィル』(96)、ジェリー・ザックス監督作『マイ・ルーム』(96)、グリフィン・ダン監督作『恋におぼれて』(97)、ディーン・パリソト監督作『100万回のウィンク』(98/V)、ジョナサン・デミ監督作『ビラブド』(98/V)、ゲイリー・マーシャル監督作『カーラの結婚宣言』(99)、リン・ラムジー監督作『ラット・キャッチャー』(99)、エリーン・リッチー監督作『クローサー・ユー・ゲット』(2000)、ロバート・レッドフォード監督作『バガー・ヴァンスの伝説』(2000)などがある。ハルストレム監督との前作『サイダーハウス・ルール』(99)では2度目のアカデミー賞候補となった。
 
*「ショコラ」オリジナル・サウンドトラック (全18曲)
3/23ソニー・クラシカルより発売。ジョニー・デップ(ギター)が演奏する「キャラヴァン」「マイナー・スイング」も収録!(\2520)

| イントロダクション | ストーリー | スタッフ | キャスト | プロダクションノート |