5月下旬ロードショー
テアトル新宿

公式ホームページ
http://www.stereofuture.com/
 

監督プロフィール◆

監督・脚本・撮影・編集 中野裕之

1958年 広島県に生まれる。
早稲田大学商学部卒業後、5年間のTV局勤務を経て、日本初の本格的なミュージック・ビデオ制作会社タイレル・コーポレーションを設立。ビデオ・アート作家として、ブラジル、フランスなどでも作品を発表する。
90年にMTVミュージック・アワード6部門にノミネートされたディー・ライトの『GROOVE IS IN THE HEART』以来、精力的に海外で活動するようになる。
93年、現ピースデリック・スタジオを設立。 ここから生まれたミュージック・ビデオを中心とする映像は世界中で放送され、ポール・ウェラーをはじめ多くのクリエイターからの支持を得る。
ミュージック・クリップ以外にも、イルカをはじめとする自然の映像を制作し、インターネットではピースリンクというサイト,そして99年以来、毎月一回続けている「一人一人ができることから、やってゆこう」というコンセプトを基にしたBe GOOD Cafeというイベントのプロデユースなど、ピース活動を行っている。
97年に日光江戸村で撮影した『二天一流』は、『SF サムライフィクション』の予告編的作品。海外のMTVで熱狂的なファンをつくり、エジンバラ国際映画祭Mirrorballでも上映された。
98年、監督・脚本を手掛けた『SF サムライフィクション』(布袋寅泰主演)で映画デビュー。これまでの日本映画になかった斬新な映像・テイストは 若者を中心に旋風を巻き起こし、スマッシュ・ヒットを飛ばす。その希少な才能は映画製作においても高く評価され、毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞はじめ、プチョン国際ファンタスティック映画祭 グランプリなどを獲得している。 『STEREO FUTURE』の後は、安藤政信主演の『RED SHADOW赤影』が控えている。その他、ハリウッドはじめ海外との共同製作プロジェクトが進行中。

<主な賞>
第53回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞(99年、『SF サムライフィクション』) 第24回おおさか映画祭 新人監督賞(99年、『SF サムライフィクション』) 第13回高崎映画祭 若手監督グランプリ(99年、『SF サムライフィクション』) 第2回プチョン国際ファンタスティック映画祭 グランプリ(98年、『SF サムライフィクション』) チャンネルVミュージック・アワード 最優秀監督賞、最優秀男性ビデオ賞(96年、布袋寅泰クリップ「スリル」) マルチメディア・グランプリ映像特別部門 グランプリ(95年、「ALOHA WAVE」 第6回AVAグランプリ趣味教養部門(90、「PACE/ピースな人々」) 第2回AVAグランプリ娯楽部門(86、「業界くん物語」)

<主な作品>
2000 BS-i 開局記念番組「PEACE WAVE〜ウクレレと少年〜」(錦戸亮(ジャニーズJr.)一色紗英出) 1999 『STEREO FUTURE』(永瀬正敏主演)HITOMI「体温」他 1998 『SF サムライフィクション』(布袋寅泰主演) 1998 GLAYクリップ「誘惑」「BE With YOU」、BLANKEY JET CITYクリップ「ダンデライオン」、広末涼子「ジーンズ」サザンオールスターズ「パラダイス」など 1997 イギリスのアーティストPHOTEKのビデオ「二天一流」今井美樹「プライド」他 1996   Mr. Childrenクリップ「HANA moment mori」[Everything It‘s you] 1994 今井美樹のアルバムをフィーチャーした映像「a place in the sun films」 1992 テレビ映画「THE RECORD HUNTER」(竹中直人主演) 1990 デジタル・ビデオ・アート「Video Drug2」