14歳の怪物

張本 智和

HARIMOTO TOMOKAZU

戦型
右シェーク両面裏ソフトドライブ型
張本智和
日本

張本 智和

世界ランク132018.04時点

生年月日
2003.06.27
出身地
宮城県
所属
JOCエリートアカデミー
出場回数
2回
戦型
右シェーク両面裏ソフトドライブ型

プロフィール

2018年1月の全日本選手権で史上最年少優勝を果たし、日本中が注目する14歳のモンスター。

両親がコーチを務める仙台ジュニアクラブで2歳の時からラケットを握り、小学生時代から数々のタイトルを総なめにして、2016年4月からJOCエリートアカデミーに入ると、その成長がさらに加速し、同年に行われた世界ジュニア選手権では史上最年少での男子シングルス制覇。翌年は世界卓球2017ドイツ(デュッセルドルフ大会・個人戦)に初出場し、男子シングルス2回戦で水谷隼を下すと、史上最年少でのベスト8入りを達成し世界中の卓球ファンを驚かせた。

また2018年4月のアジアカップでは、世界ランク1位の樊振東(中国)との高速ラリーを制し、自身も「信じられない」とコメントする金星をあげた。5-6位決定戦では世界ランク9位の丹羽孝希との日本人対決を制し、全日本王者としての強さを示した。

プレースタイル

右シェーク両面裏ソフトドライブ型で、前陣で両ハンド強打を放つ世界的にも稀な超攻撃的スタイル。特にバックドライブの威力、精度は世界トップクラスで、レシーブでのチキータの決定力も非常に高い。まだまだ団体戦の経験が少なく、2018年2月のチームワールドカップではやや固さが見られたが、今大会では自分のプレーを貫き、勝利の雄叫び「ハリバウアー」を披露したい。

主な戦績

大会成績
2018チームワールドカップ団体銀メダル
2018全日本選手権優勝(史上最年少)
2017チェコオープン優勝(史上最年少)
2017世界卓球(デュッセルドルフ)ベスト8(史上最年少)
2017世界ジュニア金メダル(史上最年少)

関連動画

男子 出場選手

名前世界ランク

女子 出場選手

名前世界ランク