バックナンバー

2012年7月23日放送

メガネにシューズ!常識破りのネット通販

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

メガネにシューズ!常識破りのネット通販

 拡大が続くインターネット通販、今までの常識を覆し、「ネットでは無理」と言われていた商品を扱うサイトが続々登場している。その元祖とされ、世界中から注目を集めるのがアメリカで急進する「ザッポス」。 靴の通販サイトだ。これまで試着無しには買えなかった靴を常識破りの方法でネット販売し、成功を収めた。CEOのトニー・シェイはスティーブ・ジョブズの再来といわれるカリスマ経営者。その勢いには、ネット通販最大手のアマゾンが、脅威を感じたとされる。そんなザッポスの常識破りの経営戦略とは何か?取材班は本社のある米国・ラスベガスへ飛んだ。そこで見たのは、驚きのオフィスと、ネット企業らしからぬアナログ手法だった。

 一方 日本でもネット通販の常識をうち破る商品を扱うサイトが登場。「オーマイグラスィズ」。これもまた、ネットでは無理だろうと思われた、メガネだ。試し掛けはどうするのか?検眼は?フィッティングは?アフターケアは?幾つものハードルをどう乗り越えたのか?しかも扱うメガネの主力はメイドイン・ジャパン、世界的にも有名なメガネの産地・"鯖江"のメガネだ。そこには日本が世界に誇る製造技術を蘇らせるという思いが込められていた。

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

こんなオフィス見たこと無い! ルール無き“ザッポス”の戦略

 創業13年の若い会社「ザッポス」。全米最大のシューズのオンラインショップだ。オフィスに入ってまず驚かされるのがその異様な光景。デスクの上から天井まで、有りとあらゆる場所がまるでハロウィンかクリスマスの様にごてごてと飾り付けられているのだ。社員食堂は24時間営業で、なんと無料。マネージャーは言う「ここにはルールなんて何も無い!」。
 米国の雑誌フォーチュンが毎年行う人気企画“働きがいのある会社ランキング”で毎年上位にランクされるザッポス。業績も右肩上がりで、あの世界一のネット通販「アマゾン」が驚異に感じて買収に及んだという逸話を持つ。
 その強さの心臓部は、なんと電話のコールセンター。ほとんどのネット企業が人件費節約や効率化のため縮小・移転しているアナログ業務だが、ザッポスはその常識を覆してコールセンターを拡充、全社員の三分の一をここに置いている。しかも、その応対ぶりも常識はずれ。客が希望する商品が見つからなかったら、その商品を扱う他の会社まで探して紹介していた。

日本にも常識破りのネット通販が登場

 日本でもネット通販の常識をうち破る商品を扱うサイトが登場。それがメガネの専門サイト「オーマイグラスィズ」。検眼やフィッティングが必要なメガネをネットで売り出したのだ。しかも扱うメガネの主力はメイドイン・ジャパン、世界的にも有名なメガネの産地・鯖江のメガネだ。このサイトを運営する清川さんにはある思いがあった。それは日本の優れた製造技術をネットを通じて蘇らせること。鯖江のメガネは格安メガネの台頭で、事業規模は縮小の一途をたどっている。清川は鯖江のメガネ工場を訪ね、協力を呼びかけた。清川はそれらの壁を乗り越えるアイデアを打ち出し、メガネのネット販売を開始したのだ。

寄付とネット通販・新次元の取り組み

 ネット先進国米国で話題を呼んでいるのが Tシャツ専門のネット通販、セブンリー。ここで扱う22ドルのTシャツを買うと、一枚につき7ドルが寄付される。さらに1週間ごとに新たな募金先が決められ、デザインも1週間ごとに一新されるところが画期的と評判だ。設立から1年で、すでに約60万ドル(5000万円)もの寄付を集めた。

NAVIGATOR

田中陽(日本経済新聞社 編集委員)

1985年日本経済新聞社入社。1990年流通経済部記者。以来、百貨店、スーパー、コンビニエンスストアなどの流通業を深く取材。主な著書「百貨店サバイバル-再編ドミノの先に-」、近著に「セブン-イレブン 終わりなき革新」(ともに日本経済新聞出版社)など。

未来予測

3年後 ネット通販は小売りの王様へ!

今まで小売りの王様といえばスーパーマーケットや百貨店が相場だったが、売り上げは右肩下がりとなっている。しかしネット通販はリーマンショック後も2桁成長を続けており、3年後には逆転すると田中は予測する。 実店舗は買い物ができる時間が限られるが、ネット通販は、急速に普及するスマートフォンなどを使い24時間いつでも、どこからでも買い物ができるのが強みだ。今は規制があって買えない薬なども将来的には買えるようになると見る。 ネット通販で何でも買える時代がやって来るが、実店舗が生き残る道は何か?次の3つのポイントがキーとなるだろう。 「アフターサービス」「鮮度」「手作りなどのオリジナル」。これらはネット通販では、なかなかカバーできない。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。