バックナンバー

2012年11月19日放送

池上彰の"強いアメリカ、弱いアメリカ" 第二弾 メードインUSAが奇跡の復活!?

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

池上彰の

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

 中国で組み立て生産されているiPhoneやiPad。オバマ大統領は、かつてアップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏に、アメリカでの製造の可能性を聞いたが「国内に戻ることはない」と返されたという。それから1年、オバマ氏は「次の4年間に製造業で100万人の雇用を創出する」と宣言し、大統領再選を果たした。日本よりも先に工場が国内から海外移転し、産業空洞化が進むアメリカで本当にそんなことが可能なのか...。池上彰が、アメリカのもの作りの現場を取材し、「メードインUSA」の実態に迫る。そして独自の視点から未来を予測、分かりやすく解説する。

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

自動車の街・デトロイトで目撃した“カイゼン”

 自動車ビッグ3の街、デトロイトは、衰退著しいアメリカのもの作りの街だが、活気を取り戻したところがあった。それは、クライスラーのスターリングハイツ工場。3年前、経営破たんしたクライスラーだが、その後、復活をとげていたのだ。その工場を、池上彰が訪ねた。そこには、日本人なら馴染みのある「カイゼン」のボードが…。米自動車産業、復活の背景を探る。

中国から国内回帰!その秘策とは?

 日本でも深刻化する“産業空洞化”。アメリカでは、いち早く中国などに製造拠点を移したため、より深刻だ。しかし、中国から工場をアメリカ国内に回帰した会社が出てきた。壁掛けテレビを掛ける“マウント”を作るピアレス社がそれだ。この分野でシェア1位を握るが、2000年に価格対応のため中国で委託生産を始めた。しかし、2年前に国内回帰を決断したという。果たして、それでコスト競争を勝ち抜くことができるのか?取材を続けると、意外な情勢の変化が明らかになってきた。

NAVIGATOR

池上彰(ジャーナリスト)

未来世紀ジパング9回目の登場。1950年長野県生まれ。1973年にNHKに入局。 報道局社会部記者などを経て94年から11年間「週刊こどもニュース」のお父さん役を務める。 2005年からフリージャーナリストとして、世界各地を取材。2012年4月~東京工業大学リベラルアーツセンター教授。

未来予測

チャイナ・プラスワン

 チャイナ・プラスワンとは、反日暴動など中国リスクが高まる中で、日本企業がタイやベトナム、ミャンマーなど、「中国プラスもう1つの国」に生産拠点を分散しようという動き、戦略のこと。
 しかし最近、アメリカの製造業が復活の兆しを見せている事から、チャイナ・プラスアメリカを考えることもできるのではないか、と池上は言う。アメリカは依然として圧倒的に巨大なマーケットであり、米国市場向けには、現地で作る方が理にかなう。最近は、アメリカの各州が日本企業に対して工場誘致を始めてもいる。
 そして、もう一つ、チャイナ・プラスワンの候補地として、日本だって、可能性を秘めている。中国の人件費が高騰している中、次第に日本との生産コストの差が縮小してくると言えるからだ。
 さらに、アメリカでシェールガスが追い風になっているように、日本にはメタンハイドレートがある。最近、日本近海の採り出しやすい浅い所で、メタンハイドレートが見つかった。これから採り出す技術を磨いていけば、日本への国内回帰も夢ではない。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。