バックナンバー

2013年2月4日放送

世界を席巻する日本食第2弾...沸騰!日本式"ファストフード"

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

世界を席巻する日本食第2弾...沸騰!日本式

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

 日本人が認識する以上の広がり、沸騰を見せている日本食。「国境を越えて、美味しいものは美味しい」日本の食文化が受け入れられている証拠でもある。そんな中"日本式ファストフード"とされる「うどん・そば」が世界に挑もうとしていた。
 キーワードは「本格派を誰にでも」。世界が求める「早く・安く・ヘルシー」は日本食の新境地を開くのか。国民食"うどん・そば"が、未来のマクドナルドになる日は来るのか!?

  • 丸亀製麺のうどん 丸亀製麺のうどん
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

マックに挑む!“本場のうどん”

 国内で673店舗を展開するセルフ式讃岐うどんチェーン「丸亀製麺」。欧州出店への足がかりとして、進出先に選んだのがロシア・モスクワだった。そこで最大のライバルとなるのが「ペレストロイカ=改革」の象徴とも言われた、1990年オープンのマクドナルドだ。マクドナルドのモスクワ1号店は、今なお世界最大の集客数を誇っているのだ。他にも世界の名立たるファストフード店が相次いで進出しているモスクワで、“日本式うどん”が持ち込んだ秘策とは・・・。

(上)ロシアにうどんが上陸 (下)うどんを食べるロシア女性 (上)ロシアにうどんが上陸 (下)うどんを食べるロシア女性

立ち食い・ゆでたて“そば”の挑戦!

 一方、立ち食いなどの“そば”チェーン最大手「ゆで太郎」は、満を持して台湾に初出店。食にうるさい台湾人、日本食にとっては試金石であり登竜門の台湾。日本の多くのファストフードがここで成功し、アジアそして世界進出につなげてきた。しかし日本食があふれる台湾でも、これまで「そば」は邪道だった。“麺好き”台湾でも認められず、浸透しなかった理由とは一体何なのか・・・。今回「ゆで太郎」は、職人技とも言われる独自の「そば打ち技術」を現地に持ち込み、台湾人に伝授。現地オリジナルメニューの開発や、台湾では馴染みのなかった立ち食いカウンターの割引制度など、ユニークな様々な戦略で最激戦市場に挑む。

(上)台湾人にそば技術を指導 (下)満席の店内 (上)台湾人にそば技術を指導 (下)満席の店内

NAVIGATOR

高柳正盛(日経ビジネス発行人)

1963年生まれ。87年早稲田大学卒業後、大手百貨店に入社。91年日経BP社へ。「日経レストラン」「日経ビジネス」など記者を経て、「日経トップリーダー」編集長。今年1月から現職。流通全般、外食業界に精通。

未来予測

世界中の駅にうどんとそばが!

 マクドナルドやサブウェイの店舗数は世界100カ国以上、3万店を超えている。一方各国の玄関口、空港に目を向けると至るところに寿司店がある。寿司は既にジャパニーズスタンダード、そばやうどんも、最終的には世界のターミナル駅に欠かせない存在になる可能性があると予測した。根拠は今や日本で日常食となったマクドナルド。マクドナルドの日本1号店は、東京銀座の三越に1971年オープン。まさに当時のトレンドスポット、オシャレでファッショナブル、高級イメージを植え付けた。今海外では日本食のうどんやそばも高級イメージがあるが、浸透し日常食となれれば「うどん・そば」もマックになる可能性も夢物語ではない。

miraiyosoku_130204

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。