バックナンバー

2013年2月18日放送

"東京都バンコク区"...日本企業が殺到するタイ

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

 昔ながらの東南アジアの中核であり、微笑みの親日国として知られるタイが、今、大変貌を遂げている。タイ料理店を探して街を歩くと、日本食レストランの方が目に付き、"shibuya19""スーパー銭湯""日本丸ごとデパート"など日本の文化や様式が驚くほど定着、「東京都バンコク区」なる呼び方も...。
 そこへ、去年浮上した中国リスクを避ける、あるいは分散する必要に駆られた日本企業が殺到。2012年、タイ進出企業数は過去最高となり、日本からの投資金額は倍増した。
 その主力は、自動車産業と外食産業。現地では、洪水対策で巨大壁に囲まれた要塞工業団地まで出現する中、怒涛の進出ラッシュが続いていた。
新たなステージに入ったタイ、日本にとっての可能性は?

  • 渋谷109ならぬ「shibuya19」 渋谷109ならぬ「shibuya19」
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

“反日”で飲食業がタイ進出ラッシュ!

 バンコクには今、大戸屋、すき屋、CoCo壱番屋、幸楽苑など日本の有名飲食チェーンは何でもある。二軒に一軒が日本食というレストラン街がいくつもあり、「世界で一番、日本食レストラン比率が高い街」になっている。1月、そこに新たに殴り込みをかける会社が、8社連合でバンコクにやって来た。博多もつ鍋、北海道の「花畑牧場」、大阪のお好み焼き「ぼてぢゅう」など、日本では名の知られたお店が一同に集まり、屋台で食を提供する「ジャパンフードフェスティバル」を開催するのだ。
 そこから見えてきたのは、日本企業の“反日デモ後の新・世界戦略”だ。

ジャパンフードフェスティバル ジャパンフードフェスティバル

大洪水から1年…製造業が過去最高の進出ラッシュ!

 2011年の大洪水から一年。甚大な被害を出した工業団地は今どうなっているのか、沸騰ナビゲーターの後藤が現場へ向かった。最も被害の大きかった工業団地に着くと、人影がなく、車もほとんど走っていない…。一体何があったのか?
 一方、小高い丘の上にあり、洪水の被害がなかった工業団地には驚きの光景が広がっていた。バンコク郊外にある「アマタナコン工業団地」はこの一年、日本の製造業の進出ラッシュが続き、今や「東南アジア最大の工業団地」に発展した。
 あれほどの大洪水があったタイに今、なぜ製造業が押し寄せているのか?
それは、大手自動車メーカーの世界戦略と密接に関わっていた…。

アマタナコン工業団地 アマタナコン工業団地

NAVIGATOR

後藤康浩(日本経済新聞社 編集委員)

1984年日本経済新聞社入社。バーレーン駐在、欧州総局(ロンドン)駐在、東京本社産業部、北京駐在、論説委員兼編集委員、アジア部長を経て、現在、日本経済新聞社編集企画センター兼アジア部編集委員。 <主な著書>『勝つ工場』、『アジア力』、『資源・食糧・エネルギーが変える世界』(いずれも日本経済新聞社)。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

未来予測

タイは大アジアの“心臓”に

 タイを含むASEAN・東南アジア諸国連合は、2015年にASEAN経済共同体(AEC)を創設する。いわばヨーロッパのEUのように人・物・お金の流れが自由になることで、更なる経済の活性化が期待されている。その中心に位置するのがタイだ。インドシナ半島ではタイを中心に、中国をつなぐ幹線道路の「南北回廊」、ベトナムとミャンマーを結ぶ「東西回廊」「南部回廊」がほぼ完成。商品や部品、それに人材までもが域内をめぐる際に、タイが全体を動かす心臓のような役割を果たすと後藤は言う。
ミャンマーやカンボジアなど周辺の国から出稼ぎに来やすくなり、タイの人材不足の心配は解消。更にタイをベースキャンプとして、周辺国に「分工場」を展開することも可能だ。
また、「東西回廊」「南部回廊」の西の玄関口ミャンマーの海を隔てた先には、インドがある。“ASEAN+南アジア”で、人口20億人を超える「大アジア」経済圏が現れるのだ。そのときタイは、この巨大市場の心臓になりうる。日本企業にとってタイはただの生産拠点ではなく、これからは自らを国際化させていく上での、「アジアナイゼーション」の拠点の1つと考えるべき。

miraiyosoku_130218

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。