バックナンバー

2013年4月15日放送

「無料通話&メールで沸騰!"LINE"秘めた実力」

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

「無料通話&メールで沸騰!

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

 『LINE』をご存知だろうか?スマートフォンの時代を迎え、日本、さらには世界で大ヒットし話題となっている、無料通話アプリだ。2011年6月のサービス開始から1年半で、ユーザーはすでに1億人を突破。その勢いは、あのFacebookやtwitterを上回るスピードだという。日本では4500万人以上が利用、さらにアジア、中東、南米にそのシェアを広げている。LINEの何が、これほどの支持を受けているのか?その実力を徹底取材、そこから見えてくる日本の光明とは?

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

もう当たり前?日本人の3人に1人がすでに利用!

 東京・渋谷。スマホでの通話やメールに、何を使っているのかを聞いてみると…?皆、口々に「LINE!LINE!LINE!」と答えた。インタビューした若い人たち約30人のうち、何と全員が利用していた。LINEの人気の理由のひとつが、アカウント取得の手軽さと速さ。アカウントを作成するとスマホの電話帳とリンクし、すぐさま…友だちがの名前が表示される。そして、直ちに、無料通話や無料メッセージが可能になるという。しかも、メッセージを送る速度がメールに比べて速いのが特徴だ。また、安否確認に使える機能も有している。

なぜ無料ができる?勢いに乗る会社にカメラが初潜入!

 渋谷ヒカリエにオフィスを構えるLINE。あのスタンプにもなっているキャラクターが出迎えてくれるオフィスには、社員用のカフェスペースが併設されているなど随所に遊び心が…。LINEの象徴が、メールに添付するスタンプ、その編成会議の現場にもカメラが初めて入った。スタンプになるキャラクターの表情、仕草をどのようにするか…。そこにはLINE独自の採用基準があるという。
 それにしても、なぜ無料の通話・メールが成り立つのか?森川社長を直撃した。

タイで沸騰!LINEで犯人逮捕!?

 アジアの中でも特にLINEのユーザー数が多いのがタイだ。その数は1500万人を超える。首都バンコクは、LINEを使う若者で溢れていた。スタンプを使いこなす女性、さらにムエタイのボクサーまでもLINEに夢中だ。そして驚くべきことに、タイの国家警察がLINEを正式に導入したという。取材班が、パトロールに同行すると…LINEが麻薬犯の逮捕にも一役買っていた。

世界制覇へ!?ガラパゴスの逆襲

 日本発の「LINE」。森川社長は、何とあのFacebookを超えてみせると意気込んでいる。森川社長が訪れたのはスペイン・バルセロナ。そこで、欧州最大手の携帯会社ノキアと極秘に接触…。ノキアから発売される低価格のスマートフォンにLINEのアプリを組み込むことで、新興国の市場をも狙っていたのだ。果たして、ニッポン生まれの無料通話「和製アプリのLINE」は、世界の通信インフラを制することが出来るのか!?

NAVIGATOR

夏野剛(慶應義塾大学・客員教授)

NTTドコモでiモードの開発に携わる。2008年にドコモ退社。
現在は慶應義塾大学政策メディア研究科客員教授のほか、ドワンゴの顧問や取締役を務めるとともに、十数社の社外取締役を兼務。主な著書「ケータイの未来」「脱ガラパゴスの思考法」「iPhone vs アンドロイド」

未来予測

ガラパゴスが世界標準に

「日本で受け入れられたサービスはやはりいい」。「iモード」のデコメを応用したLINEのスタンプ機能は、海外の人々にも大ヒット。実はグーグルも日本の携帯を研究、アップルもiPhoneに絵文字機能を取り入れるなど、「日本のガラパゴス」文化は注目されてきたと夏野は言う。もはや「ガラパゴスはおかしい」という発想ではなく、“ガラパゴス”を広げる時代に入ったのだ。それを証明するのが、日本生まれの「ウォッシュレット」「新幹線技術」「炊飯器」など。こだわり抜いた日本の“ガラパゴス”に、世界に羽ばたくビジネスのヒントが眠っている。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。