バックナンバー

2013年4月29日放送

海外旅行VS国内旅行...復活期すグアムと沸騰する石垣島

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

海外旅行VS国内旅行...復活期すグアムと沸騰する石垣島

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

 ゴールデンウィーク真っ只中。最近の「円安」は、旅行先の選択にも影響を及ぼそうとしている。海外か、それとも国内か?円安に日本人殺傷事件というダブルパンチに見舞われたグアム。その後どうなっているのか?一方、国内で今、注目を集めているのが石垣島だ。悲願だった新空港がオープンし、東京から中型機の直行便が飛べるようになった。手つかずの自然の魅力が身近に...。

  • 新石垣空港開港 新石垣空港開港
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

あの事件の後…日本人の楽園グアムは今

日本人に大人気の海外旅行スポット、グアム。わずか3時間で行ける身近な南の楽園は、小さな子供たちの海外デビューの渡航先としても人気だ。また、日本語が通じるなど高齢者世代にも優しく、家族3代で訪れる人も多い。なんと観光客のうち約7割が日本人なのだ。そんなグアムに今年2月、衝撃が走った。無差別殺傷事件という痛ましい事件が起こり、日本人が犠牲になったのだ。「グアムは治安が良くて安全」というイメージが崩されることになりかねない事件だ。あれから2か月が過ぎたグアムは今、どうなっているのか?そこでは、観光客を守るため、警察や市民たちが協力してパトロール、治安維持に努める姿があった。さらに4月、初めての大規模な国際マラソンを開催。信頼を取り戻し、盛り上げようと奮闘する地元の姿があった。

日本人の楽園グアムは今 日本人の楽園グアムは今

新空港開港で石垣島が沸騰!

いっぽう今年3月、沖縄・石垣島に新たな空港が誕生した。この開港に、島民たちは歌い踊り、おおいに湧いていた。実は、この新空港こそ37年待ちに待った島民の悲願だったのだ。滑走路の距離が延びて、これまで小型機しか離着陸できなかった石垣島に中型ジェット機の姿が…しかも、羽田からの直行便だ。これこそ、石垣島観光の大きな起爆剤になると市長も期待を寄せる。売りはもちろん、竹富島や西表島など周辺の島々を含めた「手つかずの自然」。身近になった自然を再発見してもらうべく、様々な取り組みが…海外旅行に行き慣れた女性達を取りこむ山ガールならぬ「島ガール」作戦も始まっていた。

手つかずの自然を再発見する「島ガール」 手つかずの自然を再発見する「島ガール」

日本再発見で“グローカル”へ

「円安」は今、旅行業界にも大きく影響を与えている。日本人の旅行先が海外から国内へシフトしているのだ。
国内でこれまで行ったことない場所(例えば石垣島など)を旅して、初めてその素晴らしさに気付くことが日本再発見である。今度は、それを武器に世界に売り出していけば良い。それが“グローカル”だ。“グローカル”とは、ローカル(地域)とグローバル(世界)を合わせた造語、「地域と世界を繋げることで、どんどん広がっていく」と、山口は言う。
実は、ミシュランガイドはレストランだけでなく観光地も☆の数で評価している。石垣島の川平湾や五箇山(合掌造りの故郷)など、日本人の誰もが知る場所でない観光地にも三ツ星がついている。日本のローカルも外国の人にしっかりアピールできれば、確実にグローバルになる。それが“グローカル”なのだ。

NAVIGATOR

山口義行(立教大学経済学部教授)

1951年名古屋市生まれ。立教大学大学院修了。
東邦学園短期大学専任講師、名城大学商学部専任講師を経て、1993年より立教大学経済学部助教授、1995年経済学科長(~96年)。2001年4月より現職。
中小企業支援ネットワーク「スモールサン」を主宰し、中小企業支援活動を展開。民間の政策立案組織「政策工房J-WAY」の代表として、政策提言活動も行っている。主な著書に『山口義行の“ホント”の経済』(スモールサン出版)『終わりなき世界金融危機 バブルレス・エコノミーの時代』(岩波書店)『聞かせる技術』(河出書房新社)などがある。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。