バックナンバー

2013年5月27日放送

シェール革命はニッポンの救世主か?

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

シェール革命はニッポンの救世主か?

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

アメリカが新エネルギー「シェールガス」に沸騰している。自分の土地でシェールガスが出た幸運な人は、次々と億万長者に...「シェールオイル」と呼ばれる石油も採掘され、アメリカはサウジアラビアを超える石油大国になるという、まさに『シェール革命』。いよいよニッポンへの輸出も決まり、大手商社も前のめりになっている。果たしてシェール革命は、日本の救世主となるのか?

  • シェールガスの炎 シェールガスの炎
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

ゴールドラッシュ再び「シェール革命」に沸くアメリカ

アメリカ・テキサス州に向かうと、あちこちにシェールガスの採掘現場があった。町の一角にはトレーラーハウスがずらりと並んでいる。シェールマネーを求めて労働者が集まっているのだ。話を聞いてみると「俺は月収75万さ」と景気がいい。さらに、自分の土地にシェールガスが出た地主は、次々と億万長者になっていた。ある郡ではなんと180人の億万長者が生まれたという。まさに「シェール革命」。その知られざる掘削現場に、未来世紀ジパングのカメラが入った。アメリカを一変させた技術を、沸騰ナビゲーター・財部誠一が間近で見た。

テキサスのシェールガス掘削現場を訪ねた財部誠一氏 テキサスのシェールガス掘削現場を訪ねた財部誠一氏

「シェール革命」はニッポンの救世主?

「シェール革命」に沸くのはアメリカだけではない。日本への輸出がようやく決まり、大手商社も動き出していた。それは「輸入港」から「輸出港」へ…アメリカがこれまで天然ガスを輸入するために作ったルイジアナ州の巨大な港を、なんと日本へのシェールガス輸出港にしようという巨大なプロジェクトだ。また、これまで崖っぷちと言われた日本の造船業にも光が…。三菱重工の長崎造船所では、液化した天然ガスを運ぶ最新鋭のタンカーを建造していた。果たして、「シェール革命」は日本の救世主となるか?

日本へシェールガスを輸出するための港 日本へシェールガスを輸出するための港

NAVIGATOR

財部誠一(経済ジャーナリスト)

野村證券退社後、出版社勤務を経てフリージャーナリストに。金融、経済、そして日本のものづくりなどの分野で多数の執筆、またテレビ・ラジオ出演でも活躍中。経済政策シンクタンク「ハーベイロード・ジャパン」を主宰し「財政均衡法」など各種の政策提言を行っている。近著に、「パナソニックはサムスンに勝てるか」「メイドイン・ジャパン消滅~世界で戦える『製造業』をどう守るか」など。

未来予測

シェール革命で北方領土の交渉、加速

『シェール革命』は、アメリカだけでなく世界のエネルギー事情を変えようとしている。その中で最も危機感を感じているのは天然ガス大国ロシアだ。ロシアはこれまで豊富な天然ガスをパイプラインで送ることでヨーロッパを牛耳ってきた。ところがアメリカにシェールガスが出たことで、当初アメリカに輸出を計画していた中東カタールの天然ガスが玉突き的にヨーロッパへと向かった。そうするとロシアは今までのような値段ではヨーロッパに供給できなくなった。そこでいやが上にも、日本に天然ガスを今まで以上に売りたいと考えている。ロシアの天然ガスを考慮する代わりに、北方領土問題の交渉も加速させる、いまが絶好のチャンスなのだ。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。