バックナンバー

2013年8月5日放送

オージービーフと讃岐うどんの行方~TPPでどうなる!?

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

オージービーフと讃岐うどんの行方~TPPでどうなる!?

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

私たちの身近な食材を通じて、TPP時代を読み解く。ハンバーグチェーンのびっくりドンキーは主力のハンバーグの枠を超え、オージービーフ専門店をオープン。人気を博しているという。TPPに入ると、おいしい牛肉が手軽に食べられることになるのか?オーストラリアでは、それを見越した動きが...一方、ニッポンが誇る「和牛」、生き残りをかけた戦略とは?また、いま人気の讃岐うどんだが、その90%がオーストラリア産の小麦粉を使っているという。

  • オーストラリアの牧場に立つ、沸騰ナビゲーター オーストラリアの牧場に立つ、沸騰ナビゲーター
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

シェア36%がオージービーフ

輸入牛肉で勝負する外食産業がある。ハンバーグレストランでおなじみの「びっくりドンキー」だ。メニューはすべてオーストラリア産とニュージーランド産の牛肉を使っている。店舗数は約300店舗、さらにオージービーフ100%を売りにする店を東京・麻布十番の一等地に出店、勝負に出た。しかも、売りは肉本来の味がわかる調理法のローストビーフだ。今やオージービーフは安さだけでなく、味を売りに日本に攻め込んできている。なんと日本の消費シェアは36%になっていた。

麻布十番のオージービーフ専門店 麻布十番のオージービーフ専門店

オーストラリアで“和牛”ブーム

オージービーフの現状を知るべく、オーストラリアに向かった。そこには驚くべき光景が…ハンバーガーレストランでシドニーっ子たちが美味しそうに頬張るのは、なんと“和牛”ハンバーガー。街を見渡すと、レストランには“WAGYU”の文字が目立つ。実はいま、オーストラリアは空前の和牛ブーム、柔らかくとろける霜降りの美味しさを発見したようだ。さらに驚くべきは、この和牛は日本から輸出したものではなく、なんと“和牛”という名のオージービーフだった。一体どういうことなのか?TPPで、このオーストラリア産“和牛”が日本に輸入される日は近いのか?

オーストラリアで沸騰する“和牛バーガー” オーストラリアで沸騰する“和牛バーガー”

日本が誇る“ブランド牛”

いっぽう日本の牛肉、本家本元の“和牛”も負けてはいない。貿易が自由化されても心配する様子が無いのが、日本が誇るブランド牛“神戸牛”だ。それもそのはず“神戸牛”のブランドに認定されるのは、わずか12頭の種牛から生まれた牛だけ。さらに、その中から特別に選ばれた牛だけが、最高の牛肉“神戸牛”の称号が得られる。その格付けの現場にカメラが潜入した。カメラが捉えたのはABCの3段階に分けられ、さらにAランクを5段階に選別、選ばれた牛だけが“神戸牛”と呼ばれるのだ。

食肉工場で格付けされる神戸牛 食肉工場で格付けされる神戸牛

NAVIGATOR

太田泰彦(日本経済新聞社 論説委員兼編集委員)

1985年日本経済新聞社入社。1994年~ワシントン支局、1998年~経済部編集委員、2000年~フランクフルト支局長、2004年~論説委員、兼国際部編集委員。1面コラム「春秋」を執筆。

未来予測

日豪最強タッグで 他給率アップ!

日本とオーストラリアは、真逆の関係。食、エネルギー、技術力など、「持つ国」「持たざる国」ゆえ、相互補完的に両国が手を組めば、自由貿易の時代、日豪は最強のタッグになるだろうと太田は指摘する。
また、日本の食料自給率は39%なのに対し、オーストラリアは187%と、食の生産大国だ。日本はオーストラリアとタッグを組めば、自給率ならぬ「他給率」という発想で、食の安定的な確保が可能になる。また、他給率のもう一つの発想で、ニッポンハムのように、オーストラリアの広大な土地を利用して、牛の肥育をし、安定的に日本に供給するという考えもある。
TPPをはじめ、自由貿易が進行する中で、オーストラリアとの連携強化は、日本の賢明な策になると太田は言う。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。