バックナンバー

2013年9月23日放送

"小さな巨人" スイスに学べ!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

「一度は行きたい!」アルプス山脈の絶景を堪能することができるスイス。人口795万人の小国だが、人口を上回る外国人観光客が毎年訪れる。登山電車で名峰ユングフラウ・アイガーを目指すと、聞こえてくる日本語アナウンス。日本人観光客が気付いた。「ハイジの声だ!」
スイスの観光競争力は世界1位。さらには世界経済フォーラムが発表した経済における国際競争力も世界1位。まさに"小さな巨人"。その陰には、観光客をひきつける魅力ある仕掛け、さらには国家戦略が隠されていた。

  • スイスの名峰「マッターホルン」 スイスの名峰「マッターホルン」
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

“ハイジの風景”“電気自動車の村”スイス観光のウラにある戦略を探る!

スイス中部を走るユングフラウ鉄道は年間80万人を集める人気の登山鉄道だ。その目的地はヨーロッパでもっとも標高の高い駅。標高3454m、ユングフラウヨッホ。ここでは世界遺産にもなっている4000m級のアルプスの山々と、ユーラシア最大の氷河の絶景が人気の観光地。しかし、山の天気は変わりやすい。はるばるやってきてあたり一面真っ白の吹雪に見舞われてしまうこともままある。そんな観光客のためにも、実はちゃんと対策が取られていた。
さらに列車の中から見えるスイスらしい牧草地帯の風景。実はこれもスイスの戦略。牧草地帯の風景を守る戦略とは一体?
さらに独自の“特化”戦略を取る村も。マッターホルンの麓、スイス南部のツェルマットは人口5700人の小さな村ながら、年間250万人という観光客が訪れる。そこでは環境保護のため50年以上も前から、村の中へのガソリン車の進入を禁止していた。村の中を走っていたのは電気自動車。しかも、すべて村の工場で製造している。ハンドメイドのため値段は一台1300万円と高級車並みでデザインもオリジナル。ここにしかない特別な電気自動車を使うことで、特別な観光地で有り続けようという戦略が、この小さな村にあったのだ。

アルプスの酪農風景 アルプスの酪農風景

沸騰するスイスの高級時計!陰に大逆転のドラマ

スイス西部・ジュネーブに世界中のセレブが集結していた。目的はスイス製の高級時計。実は今、スイスの時計が沸騰中。輸出額は毎年過去最高を更新している。その理由を探るため向かったのはスイス西部ジュラ地方。ここは別名『ウォッチバレー』と呼ばれる時計産業の集積地。そのジュラ地方を代表する都市、時計製造の町として世界遺産にも登録されているラショードフォンで、日本人の時計職人が働いていた。そのメーカー『ジラール・ペルゴ』が製造していたのは1個数千万もする機械式時計。200以上もあるパーツの中には数ミリという細かい物もあり、職人たちの手によって組み立てられていた。実はそんなスイスの時計産業が壊滅的な打撃を受けた時期があった。そこで復活かけてとった戦略がスイスでしか作れない職人の技術の粋を集めた『機械式時計』だったのだ。そしてそんな時計メーカーを支えたのが、職人の技術学ぶための職業訓練校での教育。スイスは国ぐるみで職人たちを育てていたのだ。

スイスの時計職人 スイスの時計職人

NAVIGATOR

山口義行(立教大学経済学部教授)

1951年名古屋市生まれ。1993年より立教大学経済学部助教授、2001年4月より現職。中小企業支援ネットワーク「スモールサン」を主宰し、中小企業支援活動を展開。民間の政策立案組織「政策工房J-WAY」の代表として、政策提言活動も行っている。主な著書に『山口義行の“ホント”の経済』(スモールサン出版)『終わりなき世界金融危機 バブルレス・エコノミーの時代』(岩波書店)『聞かせる技術』(河出書房新社)など。

未来予測

2020年 日本が“国際競争力”世界第1位に

国土が狭く資源に乏しい、ものづくりの国であるなど日本と共通点が多いスイスだが、国際競争力や観光競争力、技術革新力といったランキングで世界第1位の、まさに“小さな巨人”。国際競争力9位の日本はスイスを学ぶことで1位に。そのためには、徹底したブランド戦略が必要だと山口は言う。
日本も多くの観光地や世界に誇る技術を持つが、個別的な努力で終わっていて国の統一的なイメージがない。スイスのように徹底した国家戦略で統一感のある“日本のイメージ”、ブランドを世界に発信することが重要だ。
外務省が今年2月にインドで調査した「対日世論調査」によると、日本のイメージは1位が“先進技術を有する”で、2番目が“平和を愛する国”。この“平和”に注目したい。例えば、アフガニスタンで北部同盟の武装解除に成功したのは、実は日本人。その時、アフガン部族の信頼を得ることができたのには「日本人は平和を愛する」というイメージが大きかったという。日本人にとっては当たり前かもしれないが、“平和を愛する国”を積極的に海外に発信していくべき。
2020年の東京オリンピックに向けて、日本がどのような国で、世界にどのような貢献ができるのか、改めて考える必要があるだろう。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。