バックナンバー

2013年9月30日放送

沸騰する日本の埋蔵ダイヤモンド

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

沸騰する日本の埋蔵ダイヤモンド

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

バブル時代全盛期、日本人が買い込んだダイヤモンド。今や「タンスの肥やし」になっているものも多い。あれから20年、その眠っていた中古ダイヤモンドが、なんと香港でオークションにかけられ、インドで思わぬ輝きを取り戻していた。

  • ダイヤモンドを鑑定するインド人のバイヤー ダイヤモンドを鑑定するインド人のバイヤー
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

世界が注目!ニッポンの中古ダイヤモンド

香港で世界最大のジュエリーイベントが開催された。隣接するホテルの会場には世界各国のバイヤーたちが集結。そこではオークションが行われていた。取引されるのは、なんと「ニッポンの中古ダイヤモンド」。数十億円分の中古ダイヤモンドをバイヤーたちが次々に競り落としてゆく。中でも目立つのはインド人のバイヤーたち。中古にもかかわらず、数百万、数千万円の高値が付けられていた。

オークション会場 オークション会場

ニッポンの中古ダイヤモンド…インドへ渡る!

インド北西部のスーラト。ここはダイヤモンドの街、世界中からダイヤモンドの原石が集まってくる。世界で流通する約85%近くのダイヤモンドが加工されるのだ。人口約500万人の町だが、そのうち約50万人がダイヤモンドの取引・研磨・運搬など仕事に関わっている。路上でダイヤモンドを売買する風景も…。そんな中、取材班は「ニッポンの中古ダイヤモンド」を発見!なんと熟練工が、古いデザインのダイヤモンドをカットし直し、流行のデザインに変えていた。

研磨工場 研磨工場

NAVIGATOR

鈴木 亮(日本経済新聞 編集委員)

1960年生まれ。1985年早稲田大学政治経済学部卒、日本経済新聞入社。
1997年欧州総局(ロンドン)駐在特派員、2000年東京本社編集局証券部次長、
2005年日経金融新聞副編集長を経て、2013年より編集委員兼マネー&インベスター(M&I)面編集長。<主な著書>『欧州単一通貨ユーロ』『銀行再編淘汰の時代』(いずれも日本経済新聞社刊、共著)など。

未来予測

日本がダイヤの輸出大国に

日本には、バブル時代に買われタンスの肥やしになっているダイヤが3兆円あると言われる。その多くはいまだタンスの中に眠ったままだ。そういった中古ダイヤは日本国内ではなかなか売れないため、海外へと輸出され始めた。その輸出額は年々増え続けている。将来的には輸入額を超え日本が輸出大国となる日もそう遠くないと、鈴木は言う。
インドでは「ダイヤに新品も中古もない」というのが一般的な考え方だが、日本でも、中古ダイヤを新たに加工したものでも構わないという感覚が広まれば、日本から飛び出した中古ダイヤが、形を変えて再び日本に輸入される未来も考えられる。さらに、新品ダイヤに加え中古ダイヤが世界中で出回れば、流通量が増え、現在より安い値段で質の良いダイヤが手に入る可能性もある。まさに「ダイヤモンドは永遠に」である。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。