バックナンバー

2013年10月14日放送

緊迫中国第二弾!潜入"12大ゴーストタウン"...人類史上最大のバブルの行方

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

緊迫中国第二弾!潜入

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

 中国で今、"鬼城"という言葉が注目を集めている。ゴーストタウンの意味だが、現地メディアが伝えた"12大ゴーストタウン"に潜入!その驚くべき実態に迫る。この背景にあるのが、中国の新たなリスクとして浮上した"シャドーバンキング"といわれる金融問題だ。その全貌を徹底解説。この問題が日本、そして世界に及ぼす影響を探る。

  • 中国で続出するゴーストタウン 中国で続出するゴーストタウン
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

“中国12大ゴーストタウン”に潜入!

 あの反日デモから1年・・・中国にある異変が起こっている。中国全土で雨後の竹の子のように巨大都市開発が進められ、かなりのプロジェクトが建設途中でストップしたり、完成しても入居が決まらずゴーストタウン化しているという。
 特にひどいのが、現地メディアが“中国12大ゴーストタウン”の中で1位に挙げた、内モンゴル自治区オルドス市の新都市開発だ。3万人が住む地域に100万人分の巨大マンション群が出来上がった。日本人には想像できないとてつもなく無謀な都市開発。なぜこうした開発がまかり通るのか…?潜入取材した。

内モンゴル自治区オルドス市 内モンゴル自治区オルドス市

中国の時限爆弾“シャドーバンキング”とは?

 中国全土で繰り広げられる巨大不動産開発。その資金がどこから出ているかといえば、いま注目される“シャドーバンキング”だ。銀行を通らないカネの流れ。その中核となるのが、「理財商品」という金融商品。普通の銀行で販売もされている投資信託のようなものだ。ここを通じて集められた巨額のマネーが、不動産バブルの源泉になったと見られている。しかし今、この理財商品の焦げ付きが表面化し始めた。
 番組では、シャドーバンキングの実態に迫るべく、銀行の販売者、投資金が戻ってこなくなった被害者、償還日を心配しながら迎える市民などを総力取材した。

シャドーバンキングの被害にあった人々 シャドーバンキングの被害にあった人々

NAVIGATOR

後藤康浩(日本経済新聞社 編集委員)

後藤康浩(日本経済新聞社 編集委員)
1984年日本経済新聞社入社。バーレーン駐在、欧州総局(ロンドン)駐在、東京本社産業部、北京駐在、論説委員兼編集委員、アジア部長を経て、現在、日本経済新聞社編集企画センター兼アジア部編集委員。<主な著書>『勝つ工場』、『アジア力』、『資源・食糧・エネルギーが変える世界』(いずれも日本経済新聞社)。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

未来予測

弾けないバブルはない!

中国は高成長を30年以上続けてきたが、その成長の原動力は、今や46%を不動産やインフラ投資が占めている。
日本のバブル時代でも30%ほどだったので、中国のほうがかなり重病だ。
例えば、北京で住宅取得しようとすると、年収50年分が必要と言われている。
それを考えるとバブルが弾けるのは必然的であるし、調整は避けられない。中国経済にとっては大きなダメージになるだろう。
歴史的に見ても世界で今まで起きたバブル、日本の90年代初頭に崩壊したバブル、またはアメリカのサブプライムローンの問題で起きたバブルもみな弾けた。中国だけ特別に逃れることはできないのだ。
日本にとって、金融に関する直接的な影響はあまりないと思われるが、多くの日本企業が進出していることを考えると、中国の国内需要が低下した時の影響は大きい。中国のバブルがいつか崩壊すると覚悟して、備える、対策をとることが重要になってくるだろう。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。