バックナンバー

2013年11月4日放送

沸騰!太平洋の親日国パラオ

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

沸騰!太平洋の親日国パラオ

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

太平洋の楽園パラオに日本人急増中!

日本から4時間半、太平洋の楽園パラオに今、日本人観光客が殺到。年間4万人に迫り30年前と比べるとおよそ15倍に急増した。まさに空前のパラオブームが起きている。人気の秘密は、去年世界遺産に登録された海と不思議な形をした島々。ツアーでは天然の泥パックや、毒がほとんどない世界で唯一のクラゲと泳ぐなど、特別な体験が満喫できるのだ。以前は「ダイバーの聖地」と呼ばれていたが、観光客でも気軽に楽しめるようになっている。
また、パラオは「世界一」とも言われる親日国。島と島を結ぶ全長413メートルの『日本・パラオ友好橋』は日本の無償支援でつくられ、現在パラオの象徴になっている。さらに1994年にアメリカから独立したパラオの当時の大統領は、日系パラオ人のナカムラ・クニオ氏。築き上げてきたパラオとの関係から、親日の秘密に迫る。

世界遺産ロックアイランド 世界遺産ロックアイランド

日本人観光客に大人気の"天然泥パック" 日本人観光客に大人気の"天然泥パック"

パラオ“親日”の秘密とは・・・

パラオの街中で聞こえてくる不思議な日本語。レストランでは「ダイジョーブ」、商店では「オツリ」など。これらは全てパラオ語だ。さらに町のコミュニティーセンターでは、女性たちが日本の花札に興じ、独立記念日のパレードには日本の神輿が・・・。
パラオは1914年からの約30年に渡り、日本の委任統治領だった。当時約2万5000人の日本人が暮らし、戦火を逃れた建物などが今も多く残され、観光ツアーにもなっている。第二次世界大戦の激戦地を巡るツアーには、若い女性グループも参加。教科書にない歴史の現実を目の当たりにした彼女たちは・・・。

パラオ独立記念日に登場した“神輿” パラオ独立記念日に登場した“神輿”

観光業を支える“ニッポン式”貢献

日本からパラオへの支援は道路や空港に、電力などのライフラインなどODA=政府開発援助によるものが大きい。しかし、民間企業や個人による「ニッポン式」貢献も、パラオの人々の生活を大きく変えていた。観光業が経済の柱のパラオで、80年代に初の本格的リゾートとして開業したパラオパシフィックリゾート。「自然の保護と開発の両立」というカリスマ経営者の深い思いが、パラオの観光の手本になっていた。
さらに島の深刻な環境問題に、単身で身を捧げる日本人も。ゼロから立ち上げ、パラオ人の環境意識を変えた取組みが「太平洋地域の模範」と言われるまでに成長。プロジェクト成功のカギに迫る。

パラオパシフィックリゾート パラオパシフィックリゾート

親日パラオに忍び寄る大国の影!?

海に面したパラオの幹線道路沿いで建設中のビル。コンクリート5階建ての建物は、パラオで初の中国本土の資本によるリゾートホテルだ。他にも総工費20億円の巨大リゾート建設計画が浮上。これまで中国本土と一線を画してきたパラオに変化が起き始めている。さらに去年、中国とパラオの間ではある事件が起きていた。中国の密漁船にパラオ海上警察が発砲。中国人の船員一人が死亡したのだ。取材班はこれまで公開されなかった事件の証拠写真の撮影に成功。忍び寄る大国中国に親日パラオは・・・

炎上する中国密漁船 炎上する中国密漁船

NAVIGATOR

太田泰彦(日本経済新聞社 論説委員兼編集委員)

1985年日本経済新聞社入社。1994年~ワシントン支局、1998年~経済部編集委員、2000年~フランクフルト支局長、2004年~論説委員、兼国際部編集委員。1面コラム「春秋」を執筆。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

未来予測

それでも親日は続く!

パラオを始め、南太平洋の島国では中国の経済的な攻勢が進んでいる。しかし日本が好かれる要素は確実にある。パラオでのゴミのリサイクルは、観光が資源である島国にとっては喉から手が出るほど欲しい仕組みだ。他にも「沈みゆく島」と言われるツバルでは、東京大学などの研究チームが国土を維持する為のサンゴや有孔虫を研究。過去に地震による津波で死者を出したフィジーでは、地震計や潮位計なども日本が提供している。資金だけでない最新の技術やノウハウの提供と、日本人の努力する姿があれば「親日」は続いていくと予測。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。