バックナンバー

2014年12月22日放送

"謎の国"潜入スペシャル!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

未来世紀ジパングの今年の最後は、知られざる"謎の国"を大特集。日本からは遠い、まさに謎に包まれた"国家"の驚くべき実態、そこから意外にも見えてくる日本の未来とは!?

  • 国民の英雄 チェ・ゲバラ 国民の英雄 チェ・ゲバラ
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

①最後の社会主義国!カリブの孤島・キューバ

カリブ海に浮かぶキューバ。楽園、サルサといった陽気なイメージの一方で、革命、ゲバラといったハードなイメージも併せ持つ。しかし謎なのが、その国家体制。ソ連が崩壊し、中国が資本主義にまい進するという世界激変の中もなお、カストロ議長の下、「社会主義」国家の建設を推し進めてきたのだ。果たしてその実態は?

1950年代で「時代が止まった」街

キューバでは、今となっては懐かしさを覚える“社会主義的光景”がなお健在だ。
食糧配給や、国営レストラン、教育・医療の無償サービスといった国家による統制制度。さらに、鎖国政策の影響で、街を走る車は、今もなお、1959年の革命前のアメリカ車ばかり。“クラシックカーの博物館”と呼ばれるゆえんだ。

街を走るクラシックカー 街を走るクラシックカー

キューバ“変化の象徴”はグリエル!日本から追跡取材

さすがに時代遅れの制度・政策の下、経済は低迷し、カストロも一線を退き…いよいよ変化の兆しが表れてきた。その変化の象徴が、外貨獲得のための最大の“輸出”作戦。それは、今年日本で話題になったキューバのプロ野球選手たちだ。DeNA球団で大活躍したグリエル選手に密着、彼と彼の家族を通して見えてくる、キューバの実態とは?
街では、資本主義的な政策も、おそるおそる始まった。「まずい」と評判の国営レストランに対抗して、個人による民営食堂がブームに。何と、日本食堂も!

キューバに帰国中のグリエル選手 キューバに帰国中のグリエル選手

②国であって国じゃない…謎の“未承認国家”ソマリランド

「アフリカの角」と呼ばれる東部に突き出たソマリア。映画「ブラックホークダウン」でも描かれた激しい内戦が続く国だ。今もイスラム過激組織「アルシャバブ」や、部族集団が群雄割拠し、世界でもまれにみる無法、無政府、戦国状態が続いている。
しかし、そこに、無法状態とは隔絶した、わりと平和な“国家”があるという。
それが謎の未承認国家「ソマリランド」だ。政府も憲法も、議会もあり、さらには自国通貨も発行している。首都はハルゲイサ。しかし、世界地図ではあくまでソマリアの一地域。国連からも未承認で、日本をはじめ世界は国家と認めていない。世界でも珍しい、「未承認国家」なのだ。
ジパング取材班が、かの地に潜入!そもそも外国人は入れるのか?国際線は?ビザは?国際電話は?インターネットは?経済活動は?

ソマリランドの街角に札束の山 ソマリランドの街角に札束の山

謎の国に一人の日本の若者!大計画と暗殺予告…

そんなソマリランドに降り立った1人の日本人の若者がいた。途上国の教育支援を行うNGOの創業者、税所篤快(さいしょ あつよし)25歳。「ソマリランドで初となる大学院をつくる」というのだ。アフリカの国際機関も支援をためらう“謎の未承認国家”で、たった1人で、大学院をつくるという。途方もないプロジェクトに密着取材した。
そこに舞い込んだのが、「暗殺予告」。果たして何が起きたのか?

税所篤快(さいしょあつよし)さん 税所篤快(さいしょあつよし)さん

NAVIGATOR

米倉誠一郎 (一橋大学イノベーション研究センター教授)

一橋大学社会学部、経済学部卒業。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。
1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。現在、プレトリア大学日本研究センター所長、六本木アカデミーヒルズ日本元気塾塾長、季刊誌『一橋ビジネスレビュー』編集委員長も務める。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

未来予測

未知なる国でニッポン新発見

キューバやソマリランドなどは日本にとってあまり関係ない国だが、日本を新発見するためには、このような未知なる国に行かなければならない。
例えば、年功序列制賃金や、友好的な労使関係など平等な社会を築きあげた日本だからこそ、できることがあるのではないか。ソマリランドは「平和」を大事にしている。そこに行ってみると、日本の繁栄もまさに平和の上に築いてきたと、再認識、再発見できる。勇気とスピードを持って、未知なる国に打って出ることがこれからの日本には必要だ。

miraiyosoku_141222

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。