バックナンバー

2015年1月5日放送

意外に保守的!? そんなイタリアに日本の焼き肉店が挑戦!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

意外に保守的!? そんなイタリアに日本の焼き肉店が挑戦!

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

"陽気で明るい人達"と、いうイメージがあるイタリア人だが、実は非常に保守的な一面がある。
かつて世界の中心として栄え、古い遺跡が多い国・イタリアの人たちは、伝統を重んじ、変わることを好まないのだ。
その中でもイタリア人が一番保守的なものが、"食"と言われる。
なんと、世界的なファストフードチェーン店「ケンタッキー」や「スターバックス」がイタリアには一軒もないのだ。そんなイタリアに、日本で人気の焼き肉店が進出した。
果たしてイタリア人は、日本の焼き肉を受け入れたのか?

  • ミラノにオープンした焼肉店「矢澤」 ミラノにオープンした焼肉店「矢澤」
  • 次回予告画像2
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

ローマで人気のイタリア料理店・・・実は日本人シェフの店

ローマに約2年前にオープンした一軒のイタリア料理店。
連日、地元ローマの人たちで賑わっているが、実はここ日本人シェフの店。
開店当初は、「日本人に美味しいイタリア料理が作れるはずはない」とガラガラだったが、伝統的なローマ料理、「カルボナーラ」の美味しさが評判を呼び、人気店に。
イタリアで有名なグルメガイドに2年連続で掲載され「ローマで、日本人が開いたローマ料理の店が成功するとは誰が予想しただろうか?」と書かれている。
日本人が思う以上に、保守的で、閉鎖的な一面がイタリアの“食”にはあった。

イタリア料理店シェフの中井昴児さん イタリア料理店シェフの中井昴児さん

日本の人気焼き肉店がミラノに出店 果たして受け入れられるのか?

東京都内を中心に14店舗を展開する人気の焼き肉店「矢澤」が、去年12月にイタリア第2の都市ミラノに出店した。
“食”に関しては相当保守的な国・イタリアは、肉を食べるというと、分厚い赤身の肉を食べるのが当たり前。
そんな場所で、「矢澤」は、霜が降った薄い和牛の焼き肉で勝負を挑もうとしているのだ。
量は多いが、比較的さっぱりした赤身肉を好む国で、日本の焼き肉を受け入れられるのか?

ヤザワミートの稲田智己さん ヤザワミートの稲田智己さん

NAVIGATOR

山口義行(立教大学経済学部教授)

1951年名古屋市生まれ。1993年より立教大学経済学部助教授、2001年4月より現職。中小企業支援ネットワーク「スモールサン」を主宰し、中小企業支援活動を展開。民間の政策立案組織「政策工房J-WAY」の代表として、政策提言活動も行っている。主な著書に『山口義行の“ホント”の経済』(スモールサン出版)『終わりなき世界金融危機 バブルレス・エコノミーの時代』(岩波書店)『聞かせる技術』(河出書房新社)など。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

未来予測

欧州でニッポン再発見

伝統を重んじるあまり、意外と保守的な国イタリア。特に食に関して保守的で、地元の料理に誇りを持っており、外国料理が進出するのは難しい。
しかし一度認められれば、相手の文化を尊重し、アレンジを加えたりせずに元の形のまま受け入れてくれる国でもある。
地元の料理を何よりも愛するイタリア人に評価され受け入れられることで、日本人は自分たちの本当の良さを再発見し、ヨーロッパ全体へと進出する足掛かりにもなる。
更にそのきっかけとなるのが、今年5月に開催されるミラノ万博。
万博史上初めて、「食」をテーマとしている。これはイタリアの変化の兆しといえる。日本食が認められる大きなチャンスになると、ナビゲーターの山口義行は言う。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。