バックナンバー

2015年5月18日放送

意外すぎるマダガスカル

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

意外すぎるマダガスカル

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

マダガスカルといえば、バオバブ並木やキツネザルなど"大自然の宝庫"。アフリカの東に位置する遠い島国に思えるが、今、日本企業の注目を集めていた。大手旅行代理店H.I.S.はマダガスカルツアーをスタートさせる。さらにマダガスカルはシュークリームなどに欠かせないバニラビーンズの原産地だが、日本で使われる9割がマダガスカル産だという。また、大阪のアパレル会社が製造拠点をアジアからなんとマダガスカルに移した。その理由は「アフリカだけどアジア」という特色にあるという。一体どういうことなのか?意外すぎるマダガスカルに迫る!

  • バオバブ街道 バオバブ街道
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

驚きの連続…マダガスカルツアー

日本の大手旅行代理店H.I.S.が、今年初めてマダガスカルにツアーデスクを開設した。マダガスカルと言えば、独自の生態系を持つ珍しい生き物たちの宝庫。キツネザルの保護区では、様々なキツネザルと触れ合うこともできる。神秘的な巨木が立ち並ぶバオバブ街道は、まるで「童話の世界」さながらの風景だ。ツアーに参加した日本人観光客たちは、初めての体験に驚きを隠せない。また、マダガスカルはもともとフランス領、そのため食事は美味しいフレンチも味わえるという。さらに、H.I.S.は観光客を感動させる最大の目玉を用意していた。

意外すぎるマダガスカル…勤勉&手先が器用

マダガスカル在住の日本人は100人に満たない。日本企業の進出もほとんどない。ところが、そんなマダガスカルに目をつけたのが大阪のアパレル会社だ。これまで中国などアジアで製品を製造していたが、2年前からマダガスカルに拠点を移した。その理由は人件費の安さ…マダガスカルは人件費が最も安い国のひとつなのだ。ところが、さらに驚きのメリットがあった。それは、マダガスカルの人たちが「勤勉」で「手先が器用」なこと。みな複雑な設計図を頭に入れ、なんなく縫製していく。その様子には担当者も驚いていた。

担当者も驚く手先の器用さ 担当者も驚く手先の器用さ

9割以上がマダガスカル産…バニラビーンズが争奪戦!

シュークリームなどに欠かせないバニラビーンズ、実は日本で使われている9割以上がマダガスカル産だという。そんなバニラビーンズの価格がこの2年で倍以上に値上がりしている。調べてみると、マダガスカルのバニラは最高級だが、今年は不作なのだという。しかも、バニラビーンズの加工工場には、急にやってきて「全部買う」と言ってきたフランス人も…いまマダガスカルのバニラビーンズが争奪戦となっているのだ。

主食は米…稲作大国マダガスカルに日本が貢献

マダガスカルには意外な風景も広がっている…棚田だ。アフリカには珍しく「主食が米」だという。しかも、一人当たり日本人の2倍以上の米を食べる稲作大国なのだ。ところが、毎年思うように米が収穫できず生産量が足りない、イモなどで食いつなぐ農家も…。そんなマダガスカルに「驚きの農法」を教えて回る日本人がいた。不作の田んぼも、その「驚きの農法」で大豊作に…しかし、その農法は誰でもできる簡単なものだった。どういうことなのか?

NAVIGATOR

米倉誠一郎 (一橋大学イノベーション研究センター教授)

一橋大学社会学部、経済学部卒業。ハーバード大学歴史学博士号取得(PhD.)。
1995年一橋大学商学部産業経営研究所教授、97年より同大学イノベーション研究センター教授。現在、プレトリア大学日本研究センター所長、六本木アカデミーヒルズ日本元気塾塾長、季刊誌『一橋ビジネスレビュー』編集委員長も務める。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。