バックナンバー

2015年7月27日放送

移住するならマレーシア!?巨大都市建設が沸騰

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

移住するならマレーシア!?巨大都市建設が沸騰

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

マレーシアは"日本人が移住したい国"9年連続ナンバー1。セカンドライフを過ごす中高年のロングステイは今どうなっているのか?夫を日本に残して母子留学という新たな形の"移住"も出現。なぜ今、マレーシアなのか?
実は10兆円を超える巨大な都市計画が進んでいた。その名も「イスカンダル計画」。東京都一個分の広さに、新たな未来都市を建設するという壮大なプロジェクト。大手商社・三井物産など日本企業も次々に参画、新たな街づくりが始まっていた。

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

企業も個人も…マレーシアに殺到!

5月、マレーシアの首都クアラルンプールに三井アウトレットモールがオープンした。クアラルンプール初の本格的なアウトレットだが、アウトレットにあまりなじみがないマレーシアの人たちが、名だたる有名ブランドを格安で買えることに驚いていた。三井アウトレットパークは海外初進出、その舞台にマレーシアを選んだ理由はその経済成長だ。さらに、このモールがつくられたのは空港の敷地内、年間約5000万人の空港利用客を取り込もうとしていた。
マレーシアに向かうのは企業だけではない。実はマレーシア、“日本人が移住したい国”9年連続ナンバーワンなのだ。その理由は、物価の安さ、そして親日だ。ロングステイでは医療も心配だが、クアラルンプールには日本語が通じる病院が10以上もあるという。

クアラルンプール初のアウトレットがオープン クアラルンプール初のアウトレットがオープン

マレーシアの日本人移住者 マレーシアの日本人移住者

沸騰するイスカンダル計画…母子移住も

マレーシアにいま驚くべきスピードで変化している街がある。ジョホールバルだ。古い建物が次々に高層ビルに生まれ変わっていた。実は「イスカンダル計画」と呼ばれる巨大な都市計画が進んでいるのだ。マレーシア政府は、東京一個分の広さのジョホールバルに10兆円以上をかけ300万人の新しい都市をつくるという。その計画の心臓部を任されているのが、日本の三井物産だ。オフィス・住宅・ホテルなど、街をゼロからつくるという。すでにレゴランドなどのレジャー施設も誘致していた。なかでも力を入れているのが教育だが、各国から名だたる大学を一か所に集めて教育都市をつくろうとしていた。
ジョホールバルには、あのキャサリン妃も卒業した名門校マルボロカレッジの分校もある。この学校に通うためにわざわざマレーシアに移住したという日本人の母子がいた。夫を日本に残しての母子留学だという。なぜそこまでするのか…

建設が進むイスカンダル計画 建設が進むイスカンダル計画

父親を日本に残して母子留学 父親を日本に残して母子留学

NAVIGATOR

太田泰彦(日本経済新聞社 論説委員兼編集委員)

1985年日本経済新聞社入社。1994年~ワシントン支局、1998年~経済部編集委員、2000年~フランクフルト支局長、2004年~論説委員、兼国際部編集委員。
1面コラム「春秋」を執筆。2015年~シンガポール駐在。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。