バックナンバー

2015年8月31日放送

戦後40年...ベトナムで深化する"日本式"「奇跡の缶詰パン」店が初進出!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

戦後40年...ベトナムで深化する

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

今年4月、あの「サイゴン陥落」ベトナム戦争終結から40年が経過。ベトナムは現在、南シナ海の領有権をめぐり中国との緊張関係が続く一方で、日本との絆はより深まりつつある。 そして今、日本でかつて一世を風靡した様々な業種がベトナムに相次ぎ進出。キーワードは"日本式"。理髪店に学習塾そしてプロレスなど...。さらに1兆円規模の大型プロジェクトも始動。日本の「あの時代」がベトナムで沸騰していた。 さらに3年経っても「フワフワ」の食感と味が人気の備蓄食"奇跡"と呼ばれる缶詰パン。開発した日本の「パン・アキモト」が8月下旬、ベトナムに初進出した。海外1号店が、なぜベトナムなのか。日本での研修から、感動のオープンまでの5ヵ月間を追跡取材。「人情ベーカリー」で育まれた日本人とベトナム人の心の絆に迫る。

  • 奇跡の缶詰パン店がベトナム初進出 奇跡の缶詰パン店がベトナム初進出
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

“人情ベーカリー”ベトナム1号店 オープンまでの5ヵ月を密着!

今年4月、栃木県那須塩原市の缶詰パンで名高い「パン・アキモト」に3人のベトナム人研修生がやってきた。ベトナムでのオープンを前に3ヵ月間、パン作りから接客まで“アキモト”流を一から学ぶのだ。期間中には自ら志願して、東日本大震災の仮設住宅で人生初と言うボランティアも経験。いつしか研修生たちに、大きな変化が起きていた。 そして迎えた8月下旬、ベトナムでようやくオープンの日を迎えた。馴染みの無い日本のパンは果たしてベトナムで受入れられるのか・・・。秋元社長とベトナム人研修生の深い絆と感動の5ヵ月間を追った!

ベトナム人研修生に大きな変化が… ベトナム人研修生に大きな変化が…

歴史は400年以上前 そして今プロレスに理髪店…日本の「あの時代」が沸騰!

ベトナム中部ホイアンは、世界文化遺産に登録され16〜17世紀の町並が今も残っている。町の象徴で一番の名所が、ベトナム紙幣にも描かれている通称「日本橋」。一方で隣接する「中国町」を訪れると意外な光景が広がっていた・・・。 そして今ベトナムでは、日本でかつて人気を博していた様々なサービスやビジネスが熱い視線を浴びている。一つ目は日本式サービスを受け継ぐ理髪店。ベトナムでは未だ、路上でのヘアカットも多い中、所得増とともに身だしなみにもお金を掛ける人が急増中。日本の老舗理髪店や理容専門学校が人気に。二つ目は8月下旬、ベトナムでの初の興行が始まるプロレスだ。日本人元プロレスラーが現地でベトナム人を猛特訓中。プロレスブームは起きるのか? さらにベトナムのエネルギー問題を救う1兆円規模の巨大プロジェクトが始まっていた。現場では日本を支える技術と、最高レベルの技術者たちが奮闘中。現代のベトナムで、日本の「あの時代」が沸騰していた。

ベトナム初興行!謎の覆面レスラー ベトナム初興行!謎の覆面レスラー

1兆円プロジェクト始動! 1兆円プロジェクト始動!

ベトナム戦争から40年…急成長を支える世界450万人の「越僑」

今年、日本が戦後70年に対し、ベトナムは「ベトナム戦争」終結から40年となった。南シナ海の領有権をめぐり中国との緊張関係が続く中、日本との関係はより深まりつつあり、「敵国アメリカ」とも急接近。アメリカ系企業の進出ラッシュが起きていた。 その背景にいる存在が、ベトナム戦争末期に北米などに逃れた「越僑」と呼ばれる人々だ。世界各国に450万人いると言う「越僑」。ベトナムへの年間の送金額は1兆円を超え、各国の企業進出の橋渡しをしている。今回、知られざる「越僑」のトップを独占取材。かつての命懸けの脱出劇から、現在の巨大豪邸での驚きの暮らしぶりまで、波乱万丈の人生とベトナムの未来を語った。

ホーチミン市内 統一会堂(旧南ベトナム大統領府) ホーチミン市内 統一会堂(旧南ベトナム大統領府)

NAVIGATOR

後藤康浩(日本経済新聞社 編集委員)

未来世紀ジパングでは中国・韓国をはじめアジア各国を担当し、現地取材を敢行する「アジアの後藤」。1984年日本経済新聞社入社。北京駐在、論説委員兼編集委員、アジア部長などを経て、 現在、日本経済新聞社編集企画センター兼アジア部編集委員。  <主な著書>『ネクスト・アジア』、『資源・食糧・エネルギーが変える世界』  (いずれも日本経済新聞社)。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。