バックナンバー

2015年12月7日放送

池上彰が行く、アジア沸騰街道900キロ!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

池上彰が行く、アジア沸騰街道900キロ!

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

4周年記念の拡大版スペシャル。ジャーナリスト池上彰が、今年つながったインドシナ半島の「南部経済回廊」を走破する。この回廊は、年末に発足するAEC=ASEAN経済共同体の大動脈になると見られている注目の「沸騰街道」だ。今回ベトナム、ホーチミンを起点に、カンボジア、そしてタイのバンコクまで全長900キロを行く。その道中では、日本の昭和をモデルにした経済の沸騰現場や、日本の貢献に感謝する人々、そして驚くべき中国の大攻勢を目の当たりに...。アジア沸騰街道から、東南アジアの魅力と可能性、そして日本の関与の仕方を池上彰が徹底取材・解説する!

  • 日本語学校で歓迎される池上 日本語学校で歓迎される池上
  • 南部経済回廊 南部経済回廊
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

二宮金次郎像!昭和のニッポンを発見!

かつてベトナム戦争の激戦地となったホーチミンを出発した池上。路上にはバイクや車が溢れ、40年前に戦争を終えたとは思えない発展ぶりを示していた。そこで池上が出会ったのは活気あるベトナムの若者たち。彼らが繰り返し学んでいたのは「コクイン(刻印)」といった日本語。そして別の部屋ではラジオ体操をする若者…。そして、建物の入り口にはかつて日本の小学校には必ずあった懐かしの像が・・・その裏にはニッポンとベトナムをつなぐ熱い思いがあった。

二宮金次郎 二宮金次郎

マンガから見えた物流大変革!

ベトナムとカンボジアの国境を越えると、のどかな風景の中に巨大な橋が突如出現。全長5.4キロの「つばさ橋」だ。メコン川を渡すこの橋は、日本の無償資金協力で建てられ、今年4月に開通したばかり。多くの人の足に貢献しているだけでなく物流に飛躍的なメリットが生まれていた!池上は、ベトナムの港についた荷物が南部経済回廊~つばさ橋を経て物流トラックが向かう場所へ・・・そこは首都プノンペン。着いた場所は経済特区、数々の日本企業が進出していた。そのひとつを覗くとそこには日本から送られてきたばかりの古本マンガが!4000キロ離れたカンボジアに50万冊のマンガが運ばれるその理由とは?

つばさ橋 つばさ橋

プノンペン経済特区を取材する池上 プノンペン経済特区を取材する池上

あの“船を乗せたホテル”がカンボジアに!?

日本が造り、カンボジアの人々に長く使われている「日本橋」。その真横に去年、「中国橋」というもう一本の橋が完成した。その橋のたもとには両方とも中国が作った誤解されかねない巨大な中国国旗が掘られた石碑ができていた…。かつてカンボジアの最大の支援国だった日本を抜き、中国が今カンボジアで大攻勢をかけている。不動産開発も爆発的だ。メコンの小島を埋め立ててできた土地には、あのシンガポールの代表的なホテルと見まごうビルが建設中…。さらに、海岸5分の1を買い占めるリゾート開発も進んでいた!その驚くべき実態とは?

カンボジアに建設中のマンション カンボジアに建設中のマンション

南部経済回廊で見たニッポンの貢献

南部経済回廊の道中、池上と取材班は、地雷の捜索活動の現場に出くわした。カンボジアにはポル・ポト政権以降の内戦時に埋められた地雷がいまだ600万発眠っているといわれ、犠牲者は後を絶たない。地雷撤去に活躍する地元組織を支えるのは、日本政府。地雷探知機や車両の提供などを行い、地道な地雷除去を支援している。
一方、一人の日本人女性が、情熱を傾けているのは、カンボジアにかつてあった高度な陶器文化の再興。現地の人々の自立を促す日本ならではの貢献の姿がそこにあった。

不発弾撤去作業 不発弾撤去作業

タイに日本製車両1号が到着!

カンボジアとタイの国境を越え、首都バンコクを目指すと、圧倒されたのはその発展ぶり。高層ビルが立ち並び、ラッシュアワーの渋滞はいまや世界有数だ。この大問題を解決するプロジェクトが今進んでいる。池上が訪れた車両基地にあったのは9月に日本から届いたばかりの鉄道車両。「パープルライン」と呼ばれるこの鉄道、バンコクを走る4番目の路線で、日本がタイで初めて受注に成功した悲願の鉄道プロジェクトだった。

パープルライン パープルライン

NAVIGATOR

池上彰(ジャーナリスト)

未来世紀ジパング30回目の登場。1950年長野県生まれ。1973年にNHK入局。
報道局社会部記者などを経て94年から11年間「週刊こどもニュース」のお父さん役を務める。2005年からフリージャーナリストとして世界各地を取材。2012年4月から東京工業大学リベラルアーツセンター教授。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。