バックナンバー

2017年7月31日放送

日本企業が海外でヒットさせた商品が "逆輸入"で続々、ニッポン上陸!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

日本企業が海外でヒットさせた商品が

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

"逆輸入"に商機あり!いま、日本企業が海外向けに開発、現地で大ヒットした商品が続々、ニッポンに上陸する"逆輸入"が沸騰している。デング熱など蚊の脅威にさらされるマレーシアのためにシャープが開発した"驚き家電"。日本の夏に通用するのか?一方、ベトナムで大人気、エースコックの即席フォーが"本場の味"で日本の食卓に挑む。

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

マレーシアで大ヒットした“蚊取り空気清浄機”がニッポン上陸

デング熱など蚊の脅威にさらされるマレーシア。去年は10万人以上が感染、200人以上の死者が出た。そんな蚊を意外な方法で退治しようとする日本企業があった。シャープだ。その方法とは、なんと「蚊の取れる空気清浄機」。蚊の被害に苦しむマレーシアのために、6年の年月をかけて開発。2015年にマレーシアで発売されるや大ヒット。そのヒットをうけ、日本にも逆輸入…日本の蚊にも通用するのか?

本場ベトナムで生まれた“即席フォー”がニッポン上陸

ベトナムは言わずと知れた麺大国。街のいたるところで国民食フォーを食べている。
しかも、年間50億食を食べるという“即席麺大国”でもある。中でも人気はエースコック、ベトナムで開発した即席麺は年間に29億食を売り上げる。そんなエースコックがいま、力を入れているのが国民食フォーの即席麺だ。そのヒットをうけ、日本にも逆輸入…本場仕込みの味は受け入れられるのか?

ベトナムで大人気のナマズが“土用の丑の日”にニッポン上陸

夏の風物詩に異変が起きている。土用の丑の日と言えば、「ウナギの蒲焼」だが、大手スーパーイオンで大々的に売られていたのは、“パンガシウス”という名の魚の蒲焼。実はこれ、東南アジアでとれるナマズの仲間だという。ベトナムではパンガシウスは大人気。煮たり焼いたり、鍋にしたり様々な方法で食べていた。そんな人気の魚に目を付けたイオンは、ベトナムで独自の方法を使って養殖・加工し、日本に輸入していた。その食べ方こそ、「ウナギの蒲焼」ならぬ「ナマズの蒲焼」。意外にふっくらして美味しいという。土用の丑の日の定番となるのか?

NAVIGATOR

品田英雄(日経BP総研 マーケティング戦略研究所 上席研究員)

学習院大卒。ラジオ局を経て1987年日経BP社入社。97年「日経エンタテインメント!」創刊、編集長に就任する。発行人、編集委員等を経て現職。エンターテインメントを中心に流行や消費者心理の取材・研究に当る。日経新聞「ためになるエンタメ」日経MJ「ヒットの現象学」を連載中。著書に「ヒットを読む」(日経文庫)。デジタルハリウッド大学客員教授も務める。趣味は世界でサルサを踊ること。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。