バックナンバー

2019年1月30日放送

世界で拡大中!ベジタリアンフード ~2020年どうする?ニッポン~

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

世界で拡大中!ベジタリアンフード ~2020年どうする?ニッポン~

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

2020年のオリンピックに向け、多くの外国人観光客を迎えるニッポン。そのうち5%がベジタリアン(菜食主義者)とも言われるが、実は彼らが安心して食事ができる場所は少ない。今回は、そんなベジタリアン事情を理解するためのヒントが満載!
肉や魚を食べないベジタリアン(菜食主義者)が増える中、"本物そっくり"の刺身まで登場。一方、ソーセージの国ドイツでは、肉の消費量が減る事態に。
こうした中、フランスでは、一部のビーガン(完全菜食主義者)が過激化し、精肉店などを次々と襲撃する事件が。ジパングは、その過激ビーガン団体の幹部との接触に成功。すると、背筋の凍りつくような彼らの考え方が明らかに...。

  • 次回予告画像1
  • 次回予告画像2
  • 次回予告画像3
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

拡大するベジタリアンフード市場

ヨーロッパで今、ある“食品”が話題となっている。それは本物そっくりの刺身!肉はもちろん魚も食べないベジタリアン(菜食主義者)向けに、オランダの企業が開発したもの。増え続けるベジタリアンのニーズに応じて、“そっくり食品市場”は拡大と進化を続けているのだ。
そこにビジネスチャンスを見出す日本人も。男性3人が立ち上げた「ホクサイキッチン」は、ケータリングサービスを展開中。魚を使わない押し寿司で勝負をかける。

ソーセージの国 ドイツの異変…変化迫られる食肉業界

ドイツで最も好まれてきた豚肉。ベジタリアンの増加を背景に、その消費量が減る事態となっている。180年続くあるソーセージメーカーでは売り上げが激減、大豆で作ったソーセージの販売に踏み切った。社長は、「これは一過性のブームではない」と苦渋の表情。
さらに「ベジタリアン向け」は、物やサービスにまで。ドイツではベジタリアンの親が通わせる幼稚園や、きのこシューズも登場している。

過激化するビーガン 社会問題に

一方、フランスでは、「動物性のものを食べたり利用したりすること」を良しとしない「完全菜食主義者(ビーガン)」の一部が過激化、精肉店を襲撃するなど社会問題となっている。ついには食肉処理場への放火事件まで発生し、過激ビーガンによるものではないかと疑われている。ジパングは、そのパリ代表との接触に成功、質問をぶつけた。「肉も魚も食べる私の人格を否定しますか?」。返ってきた恐るべき答えとは…。

NAVIGATOR

鎌田靖

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。