一覧に戻る

バックナンバー

2012年11月5日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

世界に羽ばたく!ニッポンの技術第6弾 日本食ブーム!陰の主役・食品ロボット

 オーストラリアで今、寿司が沸騰しているという。中でも巻き寿司が大人気、回転寿司はもちろん、レストランや持ち帰りの店など街中に寿司の看板が溢れている。その陰にいたのが、メイド・イン・ジャパンの寿司ロボット。すごいスピードと職人にせまる技術で、次々に寿司をつくっていた。寿司ロボットだけではない、春巻きロボットに串刺しロボット、実は食品ロボットはニッポンが世界に誇るスゴい技術だった。

オーストラリアの寿司ブームの陰に…ニッポンの中小企業の技術

 オーストラリアのメルボルン大学。学生たちが芝の上でランチを楽しんでいる。よく見ると、ほおばっているのはニッポンの巻き寿司だ。構内に売店があり、我先にと巻き寿司を買ってゆく。実はオーストラリアで巻き寿司は、片手で気軽に食べられることから「ハンドロール」と呼ばれ大人気、新感覚のファストフードになっているのだ。この巻き寿司ブームをつくりだしたのが、ニッポンの中小企業・鈴茂(すずも)器工の寿司ロボットだ。オーストラリアの大手回転ずしチェーン「スシ・トレイン」では、鈴茂の寿司ロボットがフル回転していた。オーストラリアで寿司が普及したその裏に、ニッポンの中小企業ならではの技術があった。

どんな食品も串刺しにする…たった5人の町工場

 神奈川県相模原市。ここにも世界が注目する小さな企業がある。コジマ技研工業だ。社員たったの5人の町工場。しかし、世界中から注文が来るという。この日もタイから12人の視察団がやってきていた。彼らがわざわざ見に来たその技術とは…串刺しロボットだ。スゴい速さで焼き鳥に次々に串を刺していた。1時間に最大1500本の串を刺せるという。焼き鳥だけではない。おでんにフランクフルト、なんでも串刺しが可能、世界シェアほぼ100%だ。そんなコジマ技研にある日、タイから注文が入った。ある丸い人気の食品4個を串刺しするロボットをつくってほしいというのだ。その食品とはいったい…簡単に思えたその串刺しロボットの開発に意外な問題が起こった…

放送を見逃した方はこちらから!

未来予測

日本の“農業”が輸出産業になる!

 食品ロボットのおかげで、寿司が低コストで作れるようになった。すると、世界の人々が和食に触れる機会が増えてきた。そうなると、日本の食文化になじみのなかった人々も「どうせ寿司を食べるなら日本酒も一緒に…」「せっかく寿司をつくるなら日本米で…」「納豆だけを食べてみたい…」など、日本産の食材などに目が向いてくる。そうなると、今度は日本から輸入してみようという動きが生まれ、日本の農家から海外への輸出が始まる可能性も大いにでてくる。つまり、食品ロボットが海外で活躍すれば、日本の農業が国内向けだけではなく、海外に向けて生産することに繋がるのだ。
 これまで工業が発展すると、その結果、農業が萎んでいくという現象が起こっていた。しかし、これからは工業(とりわけ日本の技術)が、農業の発展を支えていくという構図に変わっていくのではないか、と山口は期待している。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿