バックナンバー

2014年5月26日放送

世界を救う!ニッポンの赤ひげ

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

世界を救う!ニッポンの赤ひげ

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

世界に貢献する医師たちを通して日本医療の"信頼力"を問う。日本各地を飛び回り、病院を渡り歩くフリーランスの眼科医・服部匡志医師。月の半分を日本で働き、残りの半分はその稼ぎを持ってベトナムに向かい、お金のない貧しい人たちを無償で救っていた。ベトナム政府からも表彰を受け、感謝されるまさにベトナムの"赤ひげ"だ。いっぽう、医療の行き届かない東南アジアのへき地で人々を救う日本医師団のネットワークもあった。

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

“神の手”持つ眼科医…フリーランスだった

服部匡志医師。彼は依頼されれば、日本全国どこにでも行く、フリーランスの眼科医だ。
手術の腕を買われ、日本国内を飛び回る。ある患者は、地元の病院を何件も回ったが、失明はまぬがれないとさじを投げられていた。しかし、服部医師の手術により視力を取り戻した。「服部先生は…神の手です」ところが服部医師、日本にいるのは一か月のうち半分だという。残りの2週間は何をしているのか?

手術する服部医師 手術する服部医師

ベトナムで、1万人に光を与える…無報酬で

ベトナム最南端の町、カマウ。普段は人影まばらなある病院に、この日100人以上の患者が押しかけてきた。みな白内障など眼の病気にかかった人達ばかり。そこにやってきたのは、服部医師だった。実は、残りの2週間は日本で得た報酬を元手に、ベトナムで無償の医療活動を行っているのだ。満足な設備がない中、持ってきた顕微鏡や内視鏡、メスなどを使い失明寸前の人々に光りを与えていく。しかも、診断や治療はすべて無償、そんなボランティア活動を、12年も続けているという。服部医師が救った患者はこの12年間でおよそ1万人に及ぶ。2007年、ベトナム保健省からその功績をたたえて、人民保健勲章も授与されていた。

ベトナムで白内障の患者を診察する服部医師 ベトナムで白内障の患者を診察する服部医師

へき地医療に取り組む日本人チーム

経済発展著しい東南アジア。都市部では医療も進歩してきているが、中心から離れた地域、特にへき地には、病院がないところも多い。カンボジアの首都プノンペンから車で2時間半もかかるチューンプレイ地区。いまだ高床式住居が点在する農村地帯だ。近代的な医療を受けられる病院はない。そんな村に、日本人のあるグループがやってきた。その名はNPO法人・ジャパンハート。東南アジアでへき地医療に挑む日本のチームだ。日本人の医師と看護師が、そのたびごとに集まりチームを組んで、東南アジアのへき地にやってきては患者を治療していくという。今回もチューンプレイ地区に即席の診療所をつくるのだが、その様子は野戦病院さながら。カンボジア国内で調達可能な機器や薬品を使って、次々に患者を治療していた。そして、数日間に渡る治療活動を終えると、また次のへき地に向け移動していくのだ。

カンボジアでチーム医療をするジャパンハート カンボジアでチーム医療をするジャパンハート

NAVIGATOR

山口聡(あきら)(日本経済新聞社 編集委員)

1987年京都大学文学部卒、日本経済新聞社入社。 経済部などを経て2004年から生活経済部(現・生活情報部)編集委員。 20年近くにわたって年金や医療・介護など社会保障問題を担当。 著書に「年金これだけ心得帖」、共著に「病める医療」(いずれも日本経済新聞社)など。

未来予測

東南アジアに“赤ひげ”が生まれる

フリーの医師として得た報酬でベトナム人を無償で失明から救う服部医師と、ボランティアのチームをつくりカンボジアの辺境で無償治療するジャパンハートは、まさに現代の“赤ひげ”。しかし、日本人だけが“赤ひげ”ではダメだと山口は言う。
現地の医療が発展していくためには、現地の人々によって医療活動が継続していかなければならないからだ。そんな中、服部医師はベトナムで、内視鏡を使いこなす医師を20人以上育成。一方、ジャパンハートもチーム医療にカンボジア人医師を参加させ医療技術を伝えていた。日本の“赤ひげ”が“現地の赤ひげ”を育成しているのだ。
こういった活動を通して日本の医療への信頼が高まることで、将来様々な医療技術や器材、薬剤の輸出など、医療ビジネスが東南アジアに進出していくときに大きな力となるだろう。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。