一覧に戻る

バックナンバー

2014年6月16日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

知られざる親日国・フィンランド

大好評"知られざる親日国シリーズ"第6弾はフィンランド。実はフィンランドは日本から一番近いヨーロッパ、そこは意外な親日国だった。公園で行われていたのは何と"桜まつり"。桜を愛でながら、和太鼓に剣術、パラパラまで日本が沸騰していた。その裏に日本との知られざる接点があった。新渡戸稲造、旧五千円札の肖像でなじみ深いあの人物がフィンランド人に感謝されていた。いったい100年前に何があったのか?

ムーミン、サンタクロースの国は“超”親日国

ニッポンのアニメ好き少女たち

北欧フィンランドは森と湖の国。国土の約70%が森林に覆われ、湖の数は19万を超える。そんなフィンランドで取材班は想像を超える親日ぶりを目撃した。“桜まつり”だ。フィンランド人が公園に一堂に会し、桜を愛でながら日本文化を楽しんでいた。和太鼓に剣術、パラパラまで。親日だけではない、もうひとつ沸騰していたのがキャラクタービジネス。日本人におなじみの“ムーミン”はもちろん大人気だが、「クリスマスだけではもったいない」とばかりにサンタクロースが365日活躍していた。

フィンランドに平和もたらした日本人

中央に座る新渡戸稲造氏

なぜフィンランドが親日なのか?それは100年以上前の出来事に関わりがあるという。フィンランドの歴史に名を刻む日本人がいた。新渡戸稲造、そう旧五千円札の肖像に使われた人物だ。当時、国際連盟の事務次長だった新渡戸は、フィンランドとスウェーデンの間で起こっていたオーランド諸島の領有権争いを、後々まで“新渡戸裁定”と呼ばれるようになった画期的な方法で解決したのだ。その解決法とは、なんと「オーランド諸島は、フィンランドが統治するが、言葉や文化風習はスウェーデン式」という意外なものだった。おかげでオーランド諸島はいまや平和モデルの島となり、領有権争いに悩む世界各国の視察団が来るまでになった。住民はこう言う。「新渡戸さんをとても尊敬しているの。だって、彼がこの島を平和にしてくれたんだから」

北欧デザイン新潮流

北欧デザインのログハウス

北欧デザイン好きなら必ず行きたいという場所がフィンランドにある。人気の食器メーカー「イッタラ」のアウトレットショップだ。洒落たデザインのグラスや器が、格安で買えると日本人観光客が大量に買い込んでいた。そんな北欧デザイン好きの日本に売り込みをかける新たな北欧デザインがあるという。それはログハウスメーカー、ホンカだ。ログハウスと言えば、丸太で組んだ素朴な家を想像しがちだが、ホンカは北欧デザイン風の美しいデザインで勝負、さらにデザインだけでなく耐震性も兼ね備えていた。北欧デザインの新たな黒船の登場だ。

放送を見逃した方はこちらから!

未来予測

北極海でより近くなる

フィンランドは日本から飛行機で9時間30分で行ける一番近いヨーロッパ。ヘルシンキ空港はヨーロッパ各国50都市ともつながっており、まさに“ヨーロッパの玄関口”だ。
実は日本とフィンランドが北極海で「より近くなる」と太田は言う。現在、日本からヨーロッパに船で荷物を運ぶにはインド洋を通る南回りルートを使っているが、新たに北極海を通る北回りルート「北極海航路」が注目されている。南回りルート2万kmに対し、北極海航路は1万2000km、日数も短縮でき、燃料費も少なくて済むという。フィンランドは北極海に面してはいないが、今、ノルウェーの港からヘルシンキまで直接つなぐ鉄道整備を計画しており、この6月から日本の企業・研究機関が参加し整備のための調査を始めている。この鉄道が繋がれば、港で荷揚げされた荷物がヘルシンキに届き、さらにヘルシンキ空港からヨーロッパ50都市へと運ばれる新たな流通ルートが開け、日本のビジネスの可能性もさらに広がるのだ。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿