一覧に戻る

バックナンバー

2014年9月1日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

アジアを悩ます大渋滞 日本の技術で解消せよ

国が豊かになると、必ずといっていいほど起こる事象"渋滞"。
車が増える一方で交通インフラが整わないのが主な原因だ。
世界の中でも特にひどい渋滞に悩み、経済の停滞をも巻き起こしているアジアの国々。
今回は、その中でも「世界第二位の渋滞都市」と言われるインドネシアのジャカルタとバングラデシュのダッカを取材。想像を絶する渋滞の様子とそこから生まれた珍商売、そして渋滞を解消するため取り入れられている日本の様々な技術を紹介する。

ジャカルタの渋滞を解消せよ!日本の渋滞予測システム登場

渋滞中に猿の仮面を売りつける人ホンダがつくったスマートフォンを持つ警察官

車にバイク、信号のない交差点、インドネシアの首都ジャカルタは渋滞でスゴいことになっている。勝手に交通整理をして小銭を儲ける人や、渋滞で前に進まない車に物を売りつける人達がたくさんいる。
そんな町の警察が、渋滞を少しでもなくそうと導入したのが、スマートフォンのアプリ。
白バイに乗った警察官にこれを持たすことで、よく渋滞する場所のデータが勝手に蓄積するという優れモノだ。
このアプリ実は、日本の自動車メーカー ホンダがつくったモノだった。

ジャカルタの渋滞を解消せよ! 日本の中古電車が大活躍

日本の電車がジャカルタで活躍船でインドネシアへ運ばれる横浜線の電車

渋滞がひどいジャカルタでは、自動車の数を少しでも減らそうと、電車の利用を呼びかけている。しかし、インドネシアの電車は汚く、物騒だとしてこれまで人気がなかった。
そのイメージを変えたのが、日本の中古電車だ。
日本で20年以上走っていた電車がジャカルタに送られ、活躍しているのだ。
首都圏を走る電車の約8割が今や日本の中古電車だという。

バングラデシュ渋滞解消の鍵は ICカード!

バングラデシュのリキシャICカードでバスに乗車するバングラデシュ人

世界の中でも最も貧しい国の一つと言われるバングラデシュ。
バングラデシュは車の他に「リキシャ」と呼ばれる三輪自転車タクシーが多いのが渋滞の原因だった。渋滞解消のためにここではバスの利用を促しているのだが、これが不正の温床となっていた。
そこで登場したのが、日本では“Suica”などの名前で知られるICカードだった。

放送を見逃した方はこちらから!

未来予測

渋滞が新たな日本のマーケットに

アジアの渋滞をみていると、“渋滞”が一つの“マーケット”、“市場”に見えてくる。
インドネシアでは渋滞により、年間8700億円も経済損失が出ているという試算がある。渋滞はあくまで無駄な時間、この無駄な時間を減らすためにどうすればよいのか考えねばならない。日本の企業にとって他国の渋滞解消に貢献することは大きなビジネスチャンスに繋がっていく。
実際に今、バスの信号システムや電動3輪タクシーの開発を日本の企業が行っている。
山口は、このようなことがますます増えていくと予測する。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿