一覧に戻る

バックナンバー

2016年10月31日

01.沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、
さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

放送を見逃した方はこちらから!

ベトナムと日本!セカンドステージで沸騰

ベトナムで日本語がなんと第1外国語に採用される。すべての小学校で3年生から学ぶ予定だという。そんな日本語熱が高まる中、キャンパスノートで人気のコクヨが日本語を練習するための画期的なノートを開発、売り込んでいた。一方、LCCのバニラエアが日本とベトナムを結ぶ路線を初就航、片道1万円という安さだ。いま、ベトナムと日本の関係が新たな局面「セカンドステージ」を迎えていた。

日本語が第1外国語に!

日本語を学ぶ子供たち日本語が第一外国語に

ベトナム・ハノイの公立小学校。授業をのぞくと、3年生が日本語の勉強をしていた。実はベトナム政府が、すべての小学校で日本語を第1外国語にする方針を打ち出したのだ。チャンスとばかりに日本の文具メーカー・コクヨが動き出していた。ベストセラーのキャンパスノートの「日本語練習ノート」を新たに開発したのだ。そこには、日本とベトナムを結ぶ別の狙いもあった。

日本ーベトナム 1万円時代到来!

バニラエアベトナム1万円ベトナムで大人気

今年9月、日本とベトナムをつなぐ新たな路線がスタートした。格安航空会社バニラエアーが初就航、その値段は驚きの片道1万円。新幹線の東京・名古屋間より安いのだ。ターゲットは日本からの観光客だけではない、いまベトナムの人たちの生活水準が上がり、海外旅行に目が向いているという。さらに、食にも異変が…ホーチミンでは日本人が経営するこだわりのピザ店が大ブーム。なかなか予約が取れない状態だという。

日本の技術でゴミ問題を解決!

ベトナムゴミ事情ゴミを燃料に

生活水準が上がることで、ベトナムに新たな問題が発生していた。それはゴミ問題。
ゴミの分別がなかなか浸透しないベトナムに、日本のリサイクル企業が動き出していた。
分別を指導するだけでなく、ゴミを燃料に変える施設をつくっていた。

放送を見逃した方はこちらから!

▲Page Top

  • 日経電子版「私が見た未来世紀ジパング」
  • 未来世紀ジパング 公式Twitter(外部サイト)
  • 日経スペシャル ガイアの夜明け
  • 日経スペシャル カンブリア宮殿