バックナンバー

2017年9月11日放送

ウナギとマグロ 新たな調達ルートを確保せよ!

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

ウナギとマグロ 新たな調達ルートを確保せよ!

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

いま資源枯渇が危惧されているウナギとマグロ。新たな調達先を求めるニッポンの動きを追う。その場所はインドネシア。日本のベンチャー企業が天然の"生マグロ"を釣り上げた4日後に日本の店舗へ届ける、画期的な事業を始めていた。さらにインドネシアでは、ウナギの稚魚"シラスウナギ"も大漁、争奪戦が起こっていた。

  • 次回予告画像1
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) ~沸騰現場の経済学~ 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

インドネシアに“ウナギの救世主”?

近年、ウナギの稚魚“シラスウナギ”の不漁が続き高騰するウナギ。ところが、インドネシアではウナギの養殖が沸騰している。シラスウナギがまだまだ獲れるというのだ。その種類はビカーラ種というもので、ニホンウナギに味が近いという。そんなビカーラ種を独自の方法で養殖し、日本の食卓に届ける日本人がいた。

天然の“生マグロ”を低価格で日本へ!

インドネシア・マルク州。違法漁船で拿捕された各国の漁船が沖合に係留されている。それほど豊かな水産資源に恵まれている。ここでは天然のマグロを地元の漁師たちが一本釣りしていた。そのマグロに目を付けた日本のベンチャーがあった。獲れたての天然マグロを冷凍せずに、“生”のまま4日間で日本に輸送するという。

NAVIGATOR

勝川俊雄(東京海洋大学 准教授)

1995 年 東京大学農学部水産学科卒業後、東京大学農学生命科学研究科にて学位取得。農学博士。東京大学 海洋研究所助教、三重大学生物資源学部准教授を経て、2015年4月から現職。水産資源の持続性に関する研究で、日本水産学会奨励賞、日本水産学会論文賞を受賞。主な著書に「漁業という日本の問題(NTT出版)」「日本の魚は大丈夫か(NHK新書)」など。

【WEB限定】未来世紀ジパング 特別編

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。