バックナンバー

2018年1月29日放送

人類を救うスーパーマシン!激動の世界史にトラクターあり

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

人類を救うスーパーマシン!激動の世界史にトラクターあり

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

いま世界でトラクターが超進化、注目を浴びている。フェラーリのデザイナーも参戦、スーパーカー顔負けのトラクターも続々登場している。実は、"激動の世界史"の影にトラクターあり、知られざる人類の歴史があった。一方、アメリカを牛耳るトラクター「緑の巨人」に日本が満を持して挑む、世界を股にかけた壮大な戦いが始まっていた。

  • フェラーリの世界的デザイナーも参戦! フェラーリの世界的デザイナーも参戦!
  • 日本がアメリカの「緑の巨人」に挑む! 日本がアメリカの「緑の巨人」に挑む!
  • ザリガニ!? 日本のスーパー重機 ザリガニ!? 日本のスーパー重機
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

フェラーリのデザイナーも参戦!カッコいいトラクター

2年前の冬、大阪で高級スポーツカー・フェラーリが集結する大イベントが行われた。その会場で、100台ものフェラーリを先導したのは意外にもヤンマーのトラクターだ。スーパーカー顔負けのフォルムが人々を魅了した。デザインしたのは工業デザイナーの奥山清行さん。イタリア人以外で初めてフェラーリをデザインした人物だ。いま、トラクターが驚きの進化を遂げているのだ。

タイで革命を起こした日本のトラクター…アメリカで「緑の巨人」に挑む!

東南アジア・タイは世界有数のコメ消費国。そんなタイで農業に革命を起こした日本企業がある。農機メーカー・クボタだ。2002年の発売以来、徹底した現地化でタイのトラクター市場で70%のシェアを誇るまでになった。機能を極力シンプルにして低価格化、さらに二期作、三期作が当たり前のタイで、故障しないよう頑丈なつくりにしたのだ。
そんなクボタがトラクター大国アメリカに殴り込みをかける。「緑の巨人」と呼ばれるジョン・ディアは、まさにアメリカの誇り。日本のクボタ。その秘策とは?

トラクターだけじゃない!世界が争奪戦…日本のスゴい重機

実は日本は、重機の先進国。まるでザリガニのような2本のアームでモノをつかんだり、切断したりするスゴいマシン、なんと海の中に沈めて作業するという驚きのショベルカー…。そんな日本の重機が今、世界で争奪戦になっているという。しかも、中古の重機がネット販売で注文殺到だという。取材班が購入先の台湾に向かうと、なんとそこには日本の中古重機が2キロにわたって並ぶ“重機ストリート”があった。

NAVIGATOR

山口義行(立教大学名誉教授)

山口義行(立教大学 名誉教授)1951年名古屋市生まれ。1993年より立教大学経済学部助教授、2001年4月より同教授。2016年3月同大学退職。同年4月より名誉教授。研究活動の傍ら、中小企業支援ネットワーク「スモールサン」を主宰し、中小企業支援活動を展開。主な著書に『社長の経済学』(KADOKAWA)、『山口義行の“ホント”の経済』(スモールサン出版)、『バブル・リレー』(岩波書店)、『経済再生は「現場」から始まる』(中公新書) など。

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。