バックナンバー

2018年4月18日放送

中国がごみの輸入を禁止!"日本のごみ"が大変な事態に

沸騰現場の経済学

常に変化・進化を続ける世界経済。「未来世紀ジパング」取材団は、変化の起きている“沸騰する現場”に直撃取材!日本ビジネスマンが見たことのない世界の今をレポートする。
そして、スタジオでは遠くに思える世界の現場と日本の繋がり、さらには日本の未来にどう影響があるのかを分かりやすく、かつ専門的に解説。

中国がごみの輸入を禁止!

放送を見逃した方はこちらから!最新の放送回をまるごと配信中! テレビ東京 ビジネス オンデマンド

去年12月、世界から大量の廃棄物を輸入してきた中国が、輸入禁止に踏み切った。この事態を受けて、日本では行き場を失った廃棄物が山となり、混乱が起きている。回収業者は山積みになった廃棄プラスチックなどを前に「どうにもならない」と悲鳴をあげる。一方、アメリカでは段ボールやチラシなど古紙の"ごみ山"ができていた。中国発の"ごみショック"...どうなるニッポン⁉

  • 中国に輸出するはずの日本の廃棄物 中国に輸出するはずの日本の廃棄物
  • アメリカでゴミが山脈に アメリカでゴミが山脈に
  • 出前ブームでプラスチックごみが急増する中国 出前ブームでプラスチックごみが急増する中国
  • 日経スペシャル 未来世紀ジパング(FUTURE CENTURY ZIPANGU) 放送を見逃した方は… テレビ東京 ビジネス オンデマンド 最大1か月無料!詳しくはこちら

放送内容詳細

中国発のごみショック…どうなるニッポン⁉

中国はこれまで世界各国から廃棄物を輸入、リサイクルして成長してきた。ところが去年12月、“海外ごみ”の輸入禁止に踏み切った。リサイクルの過程で起こる環境汚染を防ぐためだ。その影響は日本にも…ペットボトルなど廃棄プラスチックの中国への輸出量は世界第1位なのだ。行き場を失った“ごみ”はどうなっているのか?一方、中国の廃棄物リサイクル業者も事業がストップ、操業停止に追い込まれていた。

中国に輸出するはずの日本の廃棄物 中国に輸出するはずの日本の廃棄物

世界に影響…アメリカでもゴミが山脈に

アメリカも中国に大量の廃棄物を輸出していた。特に“古紙”の輸出量は世界一。しかし、中国が古紙の輸入条件を厳しくしたため、輸出量がゼロに…行き場を失った古紙が山積みになっていた。しかも、雨ざらしで劣化が進み、廃棄するにもコストがかかるひどい状態になっていた。

アメリカでごみが山脈に… アメリカでごみが山脈に…

“ごみ村”が誕生⁉…中国の知られざるごみ事情

中国国内のごみ事情はどうなっているのか?取材すると、都市部では特にプラスチックごみが急増しているという。その理由は「出前ブーム」。過剰包装によるプラスチック容器のごみが増えているのだ。さらに地方では、置き場のなくなったごみが捨てられる“ごみ村”が誕生、悪臭だけでなく健康被害も発生、住民たちの怒りが爆発していた。

出前ブームでプラスチックごみが急増する中国 出前ブームでプラスチックごみが急増する中国

日本 ごみの行き先問題…対策は?

廃棄物の輸入停止で操業停止に追い込まれた中国リサイクル企業の社長の姿が、日本にあった。リサイクルの拠点を中国から日本に移し、リサイクルした製品を中国に送るという。そこには、操業停止の中国工場にいた中国人従業員の姿も…。この企業だけではない、いま中国のリサイクル業者が、日本に拠点を移す動きが拡大していた。

日本に新しいリサイクル工場が!? 日本に新しいリサイクル工場が!?

NAVIGATOR

鎌田靖

鎌田靖の編集後記

鎌田靖 「“海外ごみ”の輸入を厳しく禁じる。空が青く、緑が豊かで、水がきれいな、美しい中国を築いていかなければならない」。
 今年3月、中国の重要な政策を決める全人代、全国人民代表大会で李克強首相が高らかに宣言した時、「やっぱり本気なんだ」と思わずつぶやきました。
 ごみのリサイクルというと、国内で行われていると思いがちですが、実はペットボトルや古紙など資源ごみは中国に輸出され、そこで新たな製品に生まれ変わり(ぬいぐるみの中綿、ハンガー、100円ショップで売られるものなど)、今度は中国が輸出するという世界的なリサイクルが成立していました。ところが環境汚染が中国で相次ぎ、冒頭の輸入禁止という強硬策となったのです。となるとどうなるか?ごみの引き取り手がいなくなってしまい日本国内に資源ごみが滞留するという事態がおき始めているのです。
 一方中国でも混乱がおきていました。上海郊外のリサイクル会社では日本からの廃棄プラスチックの輸入が止まったため、工場は閉鎖を余儀なくされました。
「中国国内の廃棄プラスチックを原料にすればいいじゃないか」とは誰でも思うこと。ところが、日本のように分別収集がきちんと行われていない中国では、原料にいろんなものが混じるため粗悪な製品しかできないのです。
 社長の孫自強さんは今後の対応に頭を悩ましていました。孫さんは54歳。日本語がとても堪能です。聞けば、東京大学大学院に留学し中国経済史の修士論文を書き上げたそうです。「引退して研究生活を送りたいのですが、そうもいかない」とこぼすインテリの孫さん。
 孫さんは今、日本にリサイクル工場を作って、そこで製品を完成させるという事業をはじめようとしています。「一つの事業の寿命は20年から30年といわれる。その意味で今は一つの時代が終わるのですが、新たなスタートの時代でもあるのです」。経済史の研究者らしい冷静な分析が印象に残りました。
中国が引き受けないと言っている以上、資源ごみのリサイクルを国内で完結するという取り組みは、当然といえば当然のこと。ごみは発生元で処理するというのが原則だからです。日本のリサイクルシステムは世界でもトップクラスといわれます。そして環境技術にも優れる日本。中国に端を発したごみをめぐる混乱はあらたなビジネスチャンスにつながるのかもしれないのです。

編集後記の後記

 10年ぶりの上海取材。一泊二日の駆け足でしたが、天を突くような高層ビルはさらに増え、上海の勢いはとどまるところを知らずといった印象でした。仕事の後の楽しみはやはり食事(また同じ話ですいません)。テレビ東京のY上海支局長らと、火鍋を楽しみました。日本でも最近人気ですが、上海も同じ。お店の前には若者たちの長い行列ができていました。火鍋というのは真ん中で仕切られた鍋に入っている2種類のスープに自分の好きな食材を入れて食べるというもの。牛肉、ラム、肉団子、中国野菜などそれぞれいろんな食材を注文します。スープは定番の辛いスープと、もうひとつがトマト風味のテールスープ。これ本当に美味しかった。おすすめです。
 さて先ほどのY支局長。優秀、そして気配りも欠かさない。一言でいうと、できる女性です。その支局長が注文したのが、うずらの卵。そう、普通の茹でてあるヤツが10個ほどお皿にのって運ばれてきました。もちろん私も嫌いではありませんが、うずらの卵というと、中華丼の上にちょこんと載ってるか、焼き鳥屋で誰かが一本注文するくらい。あまり印象に残らない食材です。
私   「そんなに好きなんですか、うずらの卵」
支局長「ええ、クリームシチューが好きなので」
私   「?? うずらの卵とどんな関係があるの?」
支局長「母の味がクリームシチューなんです。子供のころよく作ってくれたから」
私   「いや、だからうずらの卵は?」
支局長「クリームシチューにうずらの卵入れるじゃないですか」
私   「えー、入れないでしょう。僕もクリームシチュー好きだけど」
支局長「そうなんですか。普通入れると思ってました」。
支局長は怪訝そうな表情でしたが、年長の私を気遣ってくれたのか話はここで終わり。
ホントにどうでもいいことなのかもしれませんが、クリームシチューにうずらの卵は入れないですよね・・・。いや私が間違っているのだろうか? 

バックナンバー

ご注意下さい

最近、「未来世紀ジパング」に出演できると持ちかけて、多額の金銭を要求する業者があるとの情報が寄せられました。
「未来世紀ジパング」を始めとした報道番組が、取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありませんので、ご注意ください。当社では、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっています。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までご連絡ください。